【ワードプレス】Google XML Sitemapsを使ったサイトマップの作成とGoogle Search Consoleの登録

こんばんは、ポンです。

新しいドメインにして、新しいレンタルサーバーにして、続けてきた億ログですが、以前のブログのPVどころか、1日の閲覧者0というようなひどい有様です。

ブログを続けるのにPVなんて気にしないで継続して続けることが重要だとありますが、やはり、ブログを作成していても、誰も見てくれないのも、少しさびしいものです。

効果があるかわかりませんが、

①プラグインのGoogle XML Sitemapsを使って、サイトマップを作成するとともに、②作成したサイトマップをGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)に登録してみました。

効果があるかどうかは、この1週間後にみてみるとして、ここでは、個人的な備忘録のために記事として残しておきたいと思います。

なお、今回の記事は、自分への備忘録ということで、詳しい解説を実施するものではないことをご承知おきくださいませ。

-shared-img-thumb-150912426027_TP_V

サイトマップの作成とは

サイトマップは省略せずに記載すると「XMLサイトマップ」というようです。

ですが、ここかは、「サイトマップ」と省略します。

サイトマップは、簡単にいうと「WEBサイトの目次」です。

この「WEBサイトの目次」であるサイトマップを作成して、検索エンジンに登録することで検索がはやく行われることになります。

そのため、まずは、サイトマップを作成することが必要になるのですが、これには、

  1. ワードプレスを使っている人のサイトマップの作成方法(プラグインGoogle XML Sitemapsを使ったサイトマップの作成方法)
  2. ワードプレスを使ってない人のサイトマップの作成方法

に分かれます。

わたしはワードプレスを使っているため、1のプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ったサイトマップの作成方法でサイトマップを作成しました。

ここで、Google XML Sitemapsもバージョン3とバージョン4で差があるようなので、新しいバージョンを使いましょう。

こちらこちらのブログを参考にさせていただきました。丁寧な解説をありがとうございました。

ということで、まずは、無事、サイトマップを作成することができました。

Google Search Consoleへサイトマップを登録する。

Google Search Console(読み方はグーグルサーチコンソール)って何だろうと思いましたが、これって、旧Googleウェブマスターツールのことなんですね。

いつの間に名称変更していたんだろう。

調べてみると2015年5月20日に名称をGoogleウェブマスターツールからGoogle Search Consoleに変更しているようです。

既に1年も前に名称変更していたのか。知りませんでした。

さて、それはともかくとして、Google Search Consoleへサイトマップを登録する必要があります。

これもGoogle Search Console内で

  1. おすすめの方法と
  2. 別の方法

とあるのですが、ワードプレスの場合には、「2の別の方法」の「HTMLタグ」より登録を案内しているサイトが多かったので、当該記事を参考にして、Google Search Consoleにサイトマップを無事登録することができました。

参考にさせていただきましたブログは、こちらです。丁寧な解説をありがとうございました。

Google Search Consoleへサイトマップを登録した結果

が反映されるのは、しばらくしてからだと思います。

その間は、閲覧者が増えることを楽しみにして、できることである記事の作成をしていきたいと思います。

しかし、Google Search Consoleへサイトマップを登録するはワードプレスを始めたら、まず、初めにやりましょう。

教訓にしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です