【株主投資】2017年7月の株式評価について記載します。

ポンです。

7月も最終日となりました。

今年の7月は暑かったですね。

それでは、7月の株式の振り返りに入りましょう。

ということで、恒例の月末の株価評価です。

2017年7月末の株主優待株式等の投資成績

a1180_001395

  • 2017年の7月の含み損益率 111% (6月:110%)
  • 保有銘柄68銘柄(6月末68銘柄)

株式の含み益は7月末は+111%でした。 前回6月は+110%のため、前月比で+1%でした。

7月末は6月末に比べて、少し上がってしまいました。

算定式:(2017年7月29日現在の株価-取得価額)/取得価額

2017年7月の追加取得

2017年7月に新たに購入した銘柄はありませんでした。

指値を入れていても、私が欲しい価格まで、下がることはありませんでした。

大きな大暴落もありませんでしたからね。

私にとっては、現在は、割高な市場です。

2017年7月の売却株式

2017年7月に売却した株式はありませんでした。

私は、長期保有で株式を購入することが多いんですね。一度、保有するとあまり売却することがありません。

2017年7月末の保有株式含み損トップ3

保有株式のなかで、

  • クックパッド(2193)
  • ウチヤマホールディングス(6059)
  • 進学会(9760)

が、7月の、含み損のトップ3となりました。

クックパッド(2193)はずっと含み損のままですね。

WTI原油価格連動型上場投信(1671)は石油価格の上昇とともに、含み損を脱しました。

2017年7月の株価の感想

2017年7月は、私の主力のアイスタイル(3660)が下落しました。

アイスタイル(3660)が下落する中で、全体的には、損益が大きく変わらなかったのは、全体的に株価が、そこそこ好調だったためですね。

アイスタイル(3660)の株価が回復するのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です