【マネーフォワード】マネーフォワードと相性のよいカードベスト3を紹介します。

こんばんは。ポンです。

利用者が300万人を超えたマネーフォワード。

もちろん私も使っています。

家計簿・資産管理アプリではもはや、頭一つ越えた使いやすさを誇っているといっていいでしょう。

ここでは、マネーフォワードの魅力と相性のいいカードを紹介したいと思います。

1-https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-09-150912275732-thumb-1000xauto-19291

マネーフォワードの長所

マネーフォワードは家計簿と資産管理機能を結びつけた点がすごいのです。

通常家計簿といえば、収入額と支出額を記載していかなければならないのですが、このマネーフォワードは収入であれば、銀行振り込みを収入と読み込んでくれます。

また、支出であれば、クレジットカードの支払額や預金口座の引き落としを支出と記載してくれます。

また、レシート払いについてもカメラで自動読み込みをしてくれて入力の手間を徹底的に省いてくれます。

また、多少、収入と支出を間違えたとしても、銀行残高を読み取ってくれるため、月ごとの資産残高を正確に把握することができて本当に便利です。

マネーフォワードの欠点

もちろん、マネーフォワードにも欠点があります。

・エクセル出力ができない。(有料会員だと可)

・登録金融機関に上限がある。(有料会員だと上限なし)

・過去1年分しかみることができない。(有料会員だと可能)

などが主な欠点ですが、これを上回る使いやすさがあります。

また、マネーフォワードを上回る家計簿アプリは今のところありません。

マネーフォワードと組み合わせて使いたいカードベスト1はauウォレットカード

はい、これは断トツでauウォレットカードでした。

auウォレットカードとマネーフォワードのIDを紐つけるためには、auユーザーでないとできないため、残念ながら、auユーザーに限られてしまいますが、auユーザーの方でしたら、是非、マネーフォワード使う際に、支出はauウォレットカードで管理してみてください。

なぜかといいますと、支出額を記載するさいにauウォレットカードでは、自動でどこのお店で購入したのかが記帳されるためです。

また、支出項目も店の内容で自動で記帳されるため(最初の1回は除きます。)、ほぼ、自動でマネーフォワードで家計簿が出来上がります。

これは、1回試してみないとわかりませんが、1回やるとクレジットカードでの記帳が面倒になります。

そのおかげで、クレジットカードのように使用月と支払月がずれることもありません。

これが最大のメリットです。

すなわち、auウォレットカードを使うことで

・使用月と支払月の一致

・記帳の簡略化

といったメリットが生まれます。

マネーフォワードと組み合わせて使いたいカードベスト2は楽天デビットカード JCB

マネーフォワードと組み合わせて使いたいカード2位はデビットカードになります。

なぜ、デビットカードかというと、それは、使用月と支払月が一緒になるためです。

通常クレジットカードですと、使用した月の1ヶ月や2か月後に銀行口座から引き落としがなされます。

そのため、忘れた頃に銀行口座からお金が無くなっています。

けれども、デビットカードは使用した日に銀行口座から引き落としがなされます。

そのため、家計簿であるマネーフォワードにも使用月と支払月が同じ月になり、管理がしやすいといったメリットあります。

そして、デビットカードのうち、なぜ、楽天デビットカード JCBに限定されるのかといいますと、還元率が1%と高いからです。

楽天銀行以外もデビットカードは発行していますが、還元率が0.2%といまいち感が否めません。

還元率が0.2%でも構わないという方は楽天銀行以の銀行でも、デビットカードは発行しているため、自分の使いやすい銀行のデビットカードを探してみるといいと思います。

マネーフォワードと組み合わせて使いたいカードベスト3はクレジットカード

最後になりましたが、マネーフォワードと組み合わせて使いたいカードはクレジットカードとなります。

クレジットカードの中でどれが一番いいのかというのは、使う環境により変わってきますが、個人的には、P-one wizカードやヤフージャパンカードあたりが使いやすいと考えております。

ここは還元率の高さなど個人の相性などで選んでいただければと思います。

マネーフォワードと相性のいいカードのまとめ

マネーフォワードと相性のいいカードはauユーザーや楽天銀行ユーザーなど一部限られてしまいますが、auウォレットカードと楽天デビットカード(JCB)はクレジットカードの弱点である使用月と支払月の不一致を解消してくれるカードです。

是非、使ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です