【株主優待】サムティ (3244)から届いたサラリーマンの節約に役立つホテル宿泊券を写真付きで紹介します。

ポンです。

2017年度に届いた株主優待第5弾となります。

今回は、サムティ (3244)から11月末優待の株主優待が届きましたので、写真付きで紹介します。

サムティ (3244)は11月決算で、年1回の株主優待を実施してくれています。

サムティ (3244)から貰ってうれしい株主優待のホテル宿泊券が届きました。

のでサムティ (3244)の株主優待の内容を紹介します。

サムティ (3244)とはどんな企業

サムティ (3244)は不動産事業や不動産賃貸事業を実施しています。

サムティ (3244)は、日経IRフェアや東証IRフェアに出演したり、一般の投資家向けに知名度を上げる努力を続けています。

サムティ (3244)の株主優待もサムティ (3244)の知名度を上げるために大きく貢献してくれています。

サムティ (3244)の株主優待の内容

サムティ (3244)の株主優待は保有株数で内容と金額が変わります。

■100株以上

「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の3,000円の宿泊割引券1枚ずつ

■200株以上

「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券1枚ずつ

■1,000株以上

「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券1枚ずつ

「天橋立ホテル」の5,000円の宿泊割引券4枚

11月末日の株主が株主優待を貰えます。

私は、無料宿泊券にひかれるため、200株保有が一番、優待利回りがいいと思っています。

サムティ (3244)の株主優待を写真付きで見てみましょう。

今回届いた、サムティ (3244)の株主優待は、11月末の株主優待です。

↓ サムティ (3244)の株主優待券は「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券1枚ずつです。

有効期限は、2018年2月末までのため、届いてから、1年間つかえます。

サムティ (3244)の株主優待の特徴

サムティ (3244)の株主優待の「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券の最大の特徴は、東京か大阪に行く機会がないと使えないということですね。

東京や大阪の近郊に住んでいる方や、東京や大阪に旅行の予定がある方には、使いやすいのですが、そのような予定がない方には、使い道がないんですね。

しかも、サムティ (3244)の株主優待の「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」の無料宿泊券は「株主ご本人様およびその家族」のみの利用可能なため、転売はできません。

「センターホテル東京」と「センターホテル大阪」に予約をするときに、株主様の名前が必要になるため、転売は諦めましょう。

サムティ (3244)を使ってみた感想

私は、一度「センターホテル東京」に泊まったことがあります。

「センターホテル東京」はビジネスホテルです。

時期にもよりますが、金曜日と土曜日は予約が1か月前くらいから、埋まっているため、使う機会が決まっている方は、早めに予約をしましょう。

東京駅から10分程度歩きますが、宿泊料の安い東京で1泊無料で泊まることができるのは、大変うれしいですね。

部屋はシングルでしたが、泊まって、体を休めるだけでしたら、必要十分です。

部屋では、WIFIも使えました。

サムティ (3244)の業績

サムティ (3244)の営業利益の推移は

  • 2013年11月   営業利益 27億円
  • 2014年11月   営業利益 40億円
  • 2015年11月   営業利益 59億円
  • 2016年11月予想 営業利益 93億円予想

と綺麗な右肩上がりを見せています。

その割にサムティ (3244)の株価はあまり上昇していないように思うんですよね。

また、最近、都内に行くこともなく、サムティ (3244)の株主優待を使わなくなってしまいました。

昨年の株主優待も使うことなく、優待期限を過ぎてしまいました。

継続保有するか売却するか考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です