【モバイル】ラクーポンでワイマックス2を契約、Speed Wi-Fi NEXT W03が到着したため、感想を記載します。

ポンです。

ラクーポンでワイマックス(WiMAX)2を契約しました。

端末は、2016年6月4日発売の最新のSpeed Wi-Fi NEXT W03の端末です。

端末の性能もアップしているため、レビューをしてみたいと思います。

ラクーポンでワイマックス(wimax)2の申込を行う

楽天といえば、おなじみの方もいらっしゃると思いますが、ラクーポンというとなじみの少ない方も多いのではないでしょうか。

ラクーポンは楽天グループで、クーポンサイトを展開しています。

楽天グループのため、安心して、使うことができます。

ラクーポンも、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天モバイル、ラクマといった、楽天のグループ企業と考えれば、抵抗も少なくなるのではないでしょうか。

私は、前回のワイマックスの契約に続いて、再度、ワイマックス(WiMAX)2の契約をこのラクーポンで行いました。

ラクーポンでワイマックス(WiMAX)2を契約するときの注意点

ラクーポンは取引を簡潔に行うために、制約が強いんですね。

主な制約を案内しますので、まずは、確認してみてください。

クレジットカードの支払いが必要

ラクーポンの支払いは、クレジットカードオンリーです。

振込もありません。

コンビニ払いもありません。

クレジットカードのみです。

クレジットカードを発行できない方は、残念ながら、ラクーポンのワイマックス(WiMAX)2の契約を結ぶことができません。

しかし、クレジットカードの審査は、年齢と借入金の有無さえ満たせば、ほとんどの方が作ることができます。

まだ、お持ちでない方は、これを機会にクレジットカードを作成するというのもありです。

楽天クレジットカードは年会費無料で還元率も1%で、お薦めです。

また、クレジットカードの支払いにすることで、家計簿アプリに自動で転記することができるため、お金の管理が楽になります。

メールのみ申込

ラクーポンのワイマックス(WiMAX)2は電話での窓口がありません。

すべて、メールでのお問い合わせとなります。

電話オペレーターを削減することで、ワイマックス(WiMAX)2の値段を抑えることができるのだと、推測されます。

電話対応がないため、不安な面もありますが、必要事項はすべて、メールで問い合わせをすることができるため、メールでのやり取りに慣れている方は、問題なく、扱うことができます。

すべて、メールでの記録も残るため、安全ともいえます。

Speed Wi-Fi NEXT W03の端末が届きました。

ラクーポンのワイマックス(WiMAX)2を申し込んだ結果、Speed Wi-Fi NEXT W03の端末が届きましたので、写真付きで紹介します。

↓ 箱にSpeed Wi-Fi NEXT W03に記載されています。

2016-09-07-22-16-40%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80w03

↓ 端末の色は白を選択しました。

重さは約127gです。

2016-09-07-22-17-30%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80w03

↓ 今まで、使っていたモバイルスリムとトライワイマックスで使ったW01の端末を比較用に並べています。

W01とサイズはあまり変わりません。モバイルスリムと比べると、一回り大きく、厚さもありますね。

2016-09-07-23-20-43%e3%80%80%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80w03

端末はけっこう大きいですね。

ハイスピードモードとハイスピートプラスエリアモードの違いを復習します。

ワイマックス(WiMAX)2の通信モードには、ご存知のとおり、

  1. ノーリミットモード
  2. ハイスピードモード
  3. ハイスピードプラスエリアモード

の3通りがあります。

Speed Wi-Fi NEXT W03は1のノーリミットモードを使うことができません。

そのため、2のハイスピートモードか3のハイスピードプラスエリアモードの2つが選択肢となります。

しかし、3のハイスピードプラスエリアモードは追加で月額1,005円かかるため、使う予定はありません。

そのため、2のハイスピートモードのみ使います。これのみあれば、十分使えます。

地下鉄で使うことが多い方は、2のハイスピードモードでは繋がらないため、3のハイスピードプラスエリアモードを検討する必要がありますので、ご注意ください。

Speed Wi-Fi NEXT W03の機能を紹介します。

というわけで、Speed Wi-Fi NEXT W03で気になった機能を紹介します。

  1. 3,000mAhの大容量で10時間繋がります。
  2. 自宅でもADSLの代わりとして使えます。
  3. 10台同時接続可能

私3,000mAhの大容量で10時間繋がります。

Speed Wi-Fi NEXT W03の電池容量は3,000mAhです。

mAhは数字が大きいほど、電池持ちが良いです。

Speed Wi-Fi NEXT W03の前のモデルのSpeed Wi-Fi NEXT W02の電池容量が2,300mAhだったため、これに比べると、格段に電池持ちがよくなっています。

また、連続通信時間もハイスピードモードのノーマル設定時に約610分間とあり、約10時間もつ計算となります。

私も、通勤時間や休み時間にSpeed Wi-Fi NEXT W03の電源を入れており、平日でしたら、最大5時間くらい使うことがありますが、電源が落ちたことはありません。

電池が1日で足りなくなるということはまずないでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W03の詳細なスペックはこちらです。

自宅でもADSLの代わりとして使えます。

私は、現在、自宅ではADSLで接続していますが、自宅でもSpeed Wi-Fi NEXT W03で繋げることができました。

2階にSpeed Wi-Fi NEXT W03を置いても、グレードルなしで、1階のパソコンまで、接続することができましたので、十分使うことができそうです。

パソコンを使う場合には、3日間で3GBの速度制限がかかる可能性がありますが、速度制限がかかっても、動画が見れるのか試してみたいと思います。

10台同時接続可能

現在、自宅でパソコン2台、タブレット2台、スマフォ5台の9台を最大接続する可能性があります。

あくまでも最大で、常時ではありませんが、Speed Wi-Fi NEXT W03は最大10台接続することができるのも大変頼もしいです。

自宅でもSpeed Wi-Fi NEXT W03が1台あれば、ADSLの契約も不要となりそうです。

まとめ

Speed Wi-Fi NEXT W03を契約する前は、ワイマックス(WiMAX)2のスピードが十分出るのか、自宅でも繋がるのかと少し心配な点もありました。

しかし、ワイマックス(WiMAX)2の使えるエリアは広がっており、私の自宅でも使うことができました。

データ通信を容量を気にすることなく定額で使いたい方には、ワイマックス(WiMAX)2はお薦めです。

自宅でのひかりやADSLといった通信も不要になります。(1人暮らしの場合)

しかし、地下鉄で使う機会が多い方や、建物内で使うことが多い方は、ハイスピードプラスエリアモードを使う必要があり、月額が毎月+1,005円も検討する必要がありますので、ご注意いください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です