【株主投資】2016年8月の株式評価とシダックスの店舗閉鎖について思うことを記載します。

ポンです。

早くも8月が終わってしまいました。

会社の決算は3月が多いですが、個人の給与や配当は12月が締めとなるため、すでに、今年は8か月間がすぎておりますね。

今年は、保有の株式の株価が低調で、資産が全然増えておりません。

含み益の減少を給与で補填しているといった悲しい状況です。

株式投資ってほんと難しいですね。

2016年8月末の株主優待株式等の投資成績

a1180_001395

  • 2016年の8月の含み損益率 72% (7月:79%)
  • 保有銘柄69銘柄(7月末69銘柄)

株式の含み益は8月末は+72%でした。 前回7月は+79%のため、前月比で-7%でした。

算定式:(2016年9月2日現在の株価-取得価額)/取得価額

8月の含み損益は7月末に比べて、大きく下がりました。

2016年8月の追加取得

2016年8月に新たに購入した銘柄はありませんでした。

残念ながら、私のほしい銘柄が私の設定した指値にひっかかることはありませんでした。

やはり、ほしい銘柄はなかなか、指値にひっかかることはありません。

ゆっくり、じっくり、待ちましょう。株価が落ちるまで。

2016年8月の売却株式

2016年8月に売却した株式もありませんでした。

含み損で売却するのが嫌なため、含み益で売却をしたいのですが、株価が上がらず、売却できるものはありませんでした。

本当は損切しなければならないものもあるのですが、私は、長期保有を考えており、株価は将来は回復するだろうと考えてしまう悪い考えの持ち主であるんですよね。

また、大きな含み益の出ている銘柄も株主優待が目的で保有しているものが多く、なかなか、売却をする気になれないというのもありますね。

2016年8月末の保有株式含み損トップ3

保有株式のなかで、

  • ウチヤマホールディングス(6059)
  • クックパッド(2193)
  • 進学会(9760)

が、含み損のトップ3となりました。

ウチヤマホールディングス(6059)の大きな含み損に変更はありません。

ウチヤマホールディングス(6059)はカラオケ事業と介護事業とも厳しいそうなので、含み損のまま、継続保有となりそうです。

クックパッド(2193)もウチヤマホールディングス(6059)に迫るほどの含み損になっています。

経営者が変わらない限り、大きな業績の向上は期待できないでしょう。

株主優待目的で購入したため、気長に株主として、プレミアム会員生活をエンジョイしたいと思います。

進学会(9760)も回復の兆しが見つかりませんね。

2016年8月保有の株式で思ったこと

ハイディ日高(7611)の株価が大きく下げていました。

3,000円ほどあった株価が2,000円近くまで下がっていました。

ハイディ日高は右肩成長を期待できるため、2,000円を割るようなことがあれば、買い増しを狙っていきたいと思います。

ミサワ(3169)も400円台となっており、やはり、割安に感じられます。

円安に弱い企業ですが、円高に傾いたときに大きく利益を上げてくれそうな気がします。

クックパッド(2193)は依然として、どうしようもない状態ですね。

シダックス(4837)の店舗閉鎖のニュースは驚きましたね。

8月末に44店舗を一斉に閉店です。

株主優待で使える店舗数が急速に減ってしまいますね。

シダックス(4837)といい、ウチヤマホールディングス(6059)といい、カラオケ事業は厳しいのかもしれませんね。

カラオケ事態、平日に行くこと自体、学生以外難しいですし、カラオケ以外の娯楽も増えていますからね。

投資をする際には、企業の選択も大切ですが、どのような業界に投資をするのかも重要だという事例になりそうです。

カラオケ事業やパチンコ事業のような娯楽産業への投資は控えたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です