【株主優待】AGS(3648)から3月末優待のVJAギフトカード1000円分が到着したので、写真で紹介します。

ポンです。

2019年度に届いた株主優待第34弾となります。

企業数は34となります。

今回は、AGS(3648)から3月末優待の株主優待が届きましたので、写真付きで紹介します。

AGS(3648)は3月決算で、3月末と9月末の年2回の株主優待となります。

今回届いたのは、3月末の優待となります。

AGS(3648)の株主優待

AGS(3648)とは、どのような会社

なのかを見てみましょう。

AGS(3648)は情報システム会社です。

情報処理サービスを提供したり、ソフトウェアの開発等から、システムパッケージ商品も販売しています。

最近は、マイナンバーの恩恵を受けているようですね。

受注の多くがりそな銀行であるため、りそな銀行の売上により、大きな影響を受けますね。

AGS(3648)の株主優待の内容

AGS(3648)の株主優待は100株以上の保有で、

  • 3月末の株主は1,000円相当のVJAギフトカードを
  • 9月末の株主は1,000円相当のクオカードを

貰えます。

ただし、1年以上継続保有した株主のみが対象となります。

そのため、初年度は株主優待をもらうことはできないので、注意しましょう。

100株以上保有しても、株主優待は増えないため、一番利回りがいいのは、やはり、最低単元の100株保有ですね。

VJAギフトカードやクオカードは使用期限もないため、ゆっくり、じっくり使うことができます。

AGS(3648)から届いた3月優待の1,000円分のVJAギフトカードを写真で見てみましょう。

↓ AGS(3648)から届いた封筒を開けると、

↓ 1,000円分のVJAギフトカードが入っていました。

VJAギフトカードはスーパーなど多くのお店で使えるため、現金とほぼ同じ価値を持ちます。

有効期限もないため、何枚かためた後に、靴やカバンなどを購入したいと思います。

AGS(3648)の業績

AGS(3648)の営業利益の推移は

  • 2017年3月   営業利益 8億円
  • 2018年3月   営業利益 8億円
  • 2019年3月   営業利益 8億円
  • 2020年3月予想 営業利益 6億円予想

と安定していましたが、来年は減収が予想されています。

設備投資の償却費負担が膨らんでいるとありますが、システム会社は設備投資が必須のため、ここが営業利益を圧迫していそうです。

クオカード1,000円分とVJAギフトカード1,000円分と使いやすい株主優待がもらえるため、ついつい継続保有してしまいますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です