【キャッシュレス】d払いはspモードに入っていないと使いづらいと思った理由を記載してみます。

ポンです。

最近は、スマホ決済アプリを徐々に試しています。

今回は、実際にd払いを使って残念だった点を記載してみようと思います。

d払いで残念だったこと

①spモードを契約していないと、アマゾンで支払いができない。

d払いは、ドコモユーザーであれば、アマゾンでd払いを使うことができます。

しかし、これは、正確には、ドコモユーザーかつ、spモード契約者であれば、アマゾンでd払いを使うことができます。

アマゾンでd払いを使うことができるのは、ドコモユーザーのメリットとなりますが、すべてのドコモユーザーというわけではないんですね。

ドコモユーザーの中には、私のようにいまだ3G契約をしており、3GのSIMをSIMフリー端末にいれて利用するいわゆる、DSDSとして利用する人も多いのではないでしょうか。

そのようなユーザーはd払いのアマゾン払いの恩恵をうけることができません。

残念ですね。

アマゾン以外の楽天市場かヤフーショッピングを利用するか、アマゾンでクレジット払いが現実的となりそうです。

②d払いをメルカリで使うと決済手数料100円がかかる

d払いはメルカリで使うことができるとd払いのサイトに記載されています。

確かに使うことができます。

ですが、1回の決済ごとに決済手数料が100円かかってしまうんですね。

これも残念です。

メルカリの購入金額が大きければ、気にならないかもしれませんが、購入金額が小さいと、負担になりますね。

この場合には、やはり、決済手数料のかからないクレジットカード払いで通常の1%還元を享受するのが賢いですね。

③d払いをラクマで使うと決済手数料100円がかかる

d払いはラクマでも使うことができます。

そして、これはメルカリと同じですが、d払いをラクマで使うと同じように、1回の決済ごとに決済手数料が100円かかってしまいます。

やはり、100円の決済手数料は大きいですね。

d払いを使ってみて残念だったことのまとめ

d払いはネット取引の大手のアマゾン、メルカリ、ラクマ等で使えそうだったので、個人的には、けっこうポテンシャルが高いのかなと思っていました。

しかし、アマゾンは、d払いは使える人がドコモユーザーかつspモード契約者に限られてしまっています。

また、メルカリとラクマはd払いを使うことができますが、100円の決済手数料がかかってしまいます。

メルカリもラクマもそれぞれ、独自のメルカリペイと楽天ペイを持っていることから、自由にd払いを使わせないのではないかと勘ぐってしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です