【キャッシュレス】d払いを登録して使ってみたので、感想を書いてみます。

ポンです。

最近話題のキャッシュレス決済。

前回の楽天ペイに続いて、今回は、d払いを導入したため、個人的な感想を記載したいと思います。

d払いを使うきっかけ

まずは、d払いを使うきっかけを書きたいと思います。

これも、楽天ペイと同様で、少額の期間限定dポイントの消化になります。

今までは、通常のdポイントは携帯電話の支払いに補填していました。

しかし、残念なことに期間限定dポイントは携帯電話の支払いに補填することができないんですね。

期間限定dポイントはdマーケットで使用することができるのですが、特に利用することもありません。

やはり、ネット通販ですと、楽天市場もしくはヤフーショッピングが一歩リードしていると思います。

ということで、また、期間限定dポイントを失効するしかないと思っていた矢先にd払いというものがあることを知って、まずは、試してみようということで進めてみました。

d払いアプリのインストールと設定

d払いアプリのインストールは他のアプリと同様でグーグルプレイやアップルストアで行うことができます。

また、d払いアプリの設定も特に迷うことなく進めることができました。

しかし、期間限定dポイントを表示させることには時間がかかりました。

というのも、私は、ドコモユーザーですが、spモードを契約していないんですね。

d払いアプリの設定は下記の2つの方法があります。

・ドコモ回線を契約中のお客様 ⇒ spモードの設定が必須です。

・ドコモ回線以外のお客様 ⇒ dアカウント発行が必須です。

ドコモユーザーでspモードを契約していない私が、d払いを使えるようにできたのは、また、別の記事で紹介したいと思います。

d払いアプリを使ってみました。

私が、d払いアプリを使ったお店は、コンビニエンスストアです。

セブンイレブンはナナコの独自路線のため、使うことはできませんが、ローソンでもファミリーマートでも使えます。

また、ポプラやミニストップでも使うことができます。

使い方も簡単で、d払いアプリを開いて、コードを提示するだけです。

そして、期間限定dポイントを使うには、このコードを提示するときに、「dポイントを利用する」をオンに設定しておくことが必要となります。

これにより、支払いにdポイントが優先的に使われることになります。

d払いアプリを使った感想

私は、通常のdポイントはドコモユーザーである限りは、携帯電話の支払代金に充当します。

ですが、何かのキャンペーン等でたまった、期間限定dポイントは今まで、失効するしかありませんでした。

期間限定楽天ポイントや期間限定Tポイントはふるさと納税に使うこともありました。

しかし、期間限定dポイントはあまり使う機会がありませんでした。

d払いを設定することで、期間限定dポイントをリアルのコンビニで消費することができるようになりました。。

本当にポイントも現金と同じ価値をもつようになってきていますね。

そして、ドコモがドコモユーザー以外にもdポイントを開放していることからオープン戦略に大きく舵をきっていることもうかがえますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です