【株主優待】すかいらーく(3197)の12月優待、お食事券11,000円分を写真付きで紹介します。

ポンです。

2019年度に届いた株主優待第6弾となります。

企業数は6となります。

今回は、すかいらーく(3197) から12月末優待の株主優待が届きましたので、写真付きで紹介します。

すかいらーく(3197)は12月決算で、6月末と12月末の年2回の株主優待となります。

今回届いたのは、12月末の優待となります。

すかいらーく(3197)の株主優待

を見る前に、まず、

すかいらーく(3197)はどんな会社

を確認しましょう。

すかいらーく(3197)は言わずも知れたファミリーレストランの最大手です。

業績低迷のため、2006年にMBOにより、一度、株式市場から撤退しましたが、2014年10月に再び再上場しました。

ブランドで有名なのは、ガスト、バーミヤン、ジョナサンです。

ガストもバーミヤンもジョナサンも値ごろなメニューが多いのですが、最近は、クーポンも充実しており、さらにお値打ち感が増しています。

すかいらーく(3197)の株主優待の内容

すかいらーく(3197)の株主優待は保有株式数に応じて、金額と利用枚数が異なります。

6月末の株主は、以下のお食事券がもらえます。

  • 100株保有   3,000円相当のお食事券(500円×6枚)
  • 300株保有     9,000円相当のお食事円(500円×18枚)
  • 500株保有   15,000円相当のお食事券(500円×30枚)
  • 1,000株保有  33,000円相当のお食事円(500円×66枚)

12月末の株主は、下記のお食事券がもらえます。今回はこちらの内容が届きました。

  • 100株保有   3,000円相当のお食事券(500円×6枚)
  • 300株保有   11,000円相当のお食事円(500円×22枚)
  • 500株保有   18,000円相当のお食事券(500円×36枚)
  • 1,000株保有  36,000円相当のお食事円(500円×72枚)

ということで、1年間で、下記のお食事券がもらえます。

  • 100株保有   6,000円相当のお食事券(500円×12枚)
  • 300株保有  20,000円相当のお食事円(500円×40枚)
  • 500株保有  33,000円相当のお食事券(500円×66枚)
  • 1,000株保有  69,000円相当のお食事円(500円×138枚)

1,000株保有していたら、日替わりランチであれば、年間138日食べることができますね。すごいですね。

すかいらーく(3197)の株主優待を写真付きで見てみましょう。

では、実際にすかいらーく(3197)から届いた株主優待を写真付きでを見てみましょう。

↓ 3つの封筒に分かれていました。

↓ 私は、300株のため、今回は11,000円分のお食事カードとなります。

有効期限は2019年9月30日までです。

有効期限は1年間と長く、使えるので、大変便利です。

株主優待券が22枚というと、使いごたえがありますね。

日替わりランチを22回食べることができるため、22食分の節約になります。

さらに1年単位で考えると、20,000円分となるため、日替わりランチで換算すると、40食分となります。

月に3~4回くらい、すかいらーく(3197)に行くことができそうです。

すかいらーく(3197)の株主優待の使い方

すかいらーく(3197)の中で使いやすいのはガストなのですが、このガストは平日しかランチメニューを展開していないため、土日にガストに行くと少し割高になってしまうんですよね。

なので、なかなか、使いにくいと思っていたのですが、ガストのアプリを使うとお得に利用できたり、便利に利用できるため、ここで紹介します。

1 ガストのアプリで特別クーポンを利用する。

ガストのアプリに登録すると、クーポンがついており、通常価格よりも、お得な値段で食べることができます。

また、不定期ですが、特別クーポンが送られてきます。

この特別クーポンは、お名前の通り、通常のクーポンよりもかなりお得になっています。

2 ガストアプリでお気に入りのお店をすぐ検索できます。

ガストのアプリはよく行く店舗をお気に入りとして登録することができます。

私も近所のガストを登録しました。

また、ガスト会員だけのクーポンも発行しているため、お得です。

このガストのアプリはかなりお薦めです。

すかいらーくのの業績

すかいらーく(3197)の営業利益の推移は

  • 2016年12月    営業利益  312億円
  • 2017年12月    営業利益  281億円
  • 2018年12月    営業利益  228億円
  • 2019年12月予想  営業利益  225億円予想

です。

すかいらーく(3197)は人件費の高騰のほか、株主優待費用が営業利益を圧迫しているという記事が気になりますね。

株主優待が廃止されることはないと思いますが、金額の減額や半額優待になると一気に魅力が低下します。

せっかく3倍拡充された株主優待が改悪されないことを祈ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です