【株主優待】リソルホールディングス(5261)から宿泊にも使える20,000円分の自社商品券が到着

ポンです。

2018年度に届いた株主優待第42弾となります。

企業数は42となります。

今回は、リソルホールディングス(5261)から3月末優待の株主優待が届きましたので、写真付きで紹介します。

リソルホールディングス(5261)は3月決算で、3月末の年1回の株主優待となります。

それでは、

リソルホールディングス(5261)の株主優待

を見る前に、まずは、

リソルホールディングス(5261)はどのような会社

なのかを見てみましょう。

リソルホールディングス(5261)はゴルフ場やホテル事業の運営の他に、企業の福利厚生などの受託も添加しています。

ゴルフ場やホテル事業は景気の波に左右されるので、安定収入の見込める企業の福利厚生の受託業務が増えると、業績も安定しそうです。

三井不動産の持ち株比率が40.9%なので、三井不動産が実質的に親会社になります。

財閥企業のグループ企業と考えると、安定した受注が見込めそうですね。

リソルホールディングス(5261)の株主優待を取得するには

リソルホールディングス(5261)は年1回株主優待を実施しています。

3月末日の株主は株式数に応じて、リソルホールディングス(5261)で使える自社商品券がもらえます。

  • 100株     20,000円(2,000円×10枚)相当の自社商品券
  • 300株     30,000円(2,000円×15枚)相当の自社商品券
  • 500株     40,000円(2,000円×20枚)相当の自社商品券

最低単元の100株保有が一番、優待利回りがいいのがわかりますね。

リソルホールディングス(5261)の株主優待を写真付きで紹介します。

リソルホールディングス(5261)の株主優待券の封筒を開けると

↓ リソルホールディングス(5261)の株主優待は自社商品(2,000円分)が10枚入っていました。

前回までは、1回の使用制限4,000円がありましたが、今回からは、金額制限がなくなるため、使い勝手はよくなります。

もらえる金額が引き下がったことは残念ですがね。

今回届いたリソルホールディングス(5261)の有効期限は、2018年8月1日~2019年7月31日の1年間となります。

この商品券はリソルホールディングス(5261)の展開するホテルなどで利用することができます。

例えば、ホテルリソル函館やホテルリソルトリニティ金沢、ホテルリソル博多などで利用することができます。

また、東京都内でも、ホテルリソル池袋があるため、使い勝手はいいと思います。

リソルホールディングス(5261)のメリット・・・株主優待の利用対象者

リソルホールディングス(5261)は株主のみではなく、株主の2親等以内の親族も利用することができます。

ので、家族旅行に行く際にも家族分の宿泊費をうかせることができます。

もちろん、誰でも使うことができるわけではありませんが、家族が使うことができれば、十分ではないでしょうか。

リソルホールディングス(5261)の営業利益の推移

リソルホールディングス(5261)の営業利益の推移は

  • 2016年3月   営業利益  13億円
  • 2017年3月   営業利益  18億円
  • 2018年3月   営業利益  21億円
  • 2019年3月予想 営業利益  13億円予想

と順調に営業利益を伸ばしています。

配当は、現在は100株保有で7000円です。

リソルホールディングス(5261)の店舗が近所にある方には、大変使いやすいです。

私は、それほど、旅行に行かないため、現在は、リソルホールディングス(5261)の株主優待を活用することがありません。

ですが、今回は、金額制限もなくなったため、使ってみたいと思っています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です