【モバイル】格安SIMをイオンモバイルで契約した理由を記載してみます。

ポンです。

初めて、イオンモバイルで格安SIMであるデータ専用SIMを契約しましたので、なぜ、イオンモバイルでデータSIMを契約したのかを参考に記載したいと思います。

音声通話SIMでなく、データSIMを選択した理由

通常、格安SIMを契約される方は、音声通話SIMを選択される方が多いと思います。

ですが、私が、データSIMを契約した理由は、DSDSのSIMフリー端末を持っているからなんですね。

このDSDSのSIMフリー端末であるnovaにガラケーのSIMをいれているため、通話はできるのですが、通信ができないため、データSIMが必要となるわけです。

キャリアで2GBのデータパックをセットにすると、3,000円~4,000円かかりますが、格安SIMでしたら、1,000円以内におさまります。

この差は大きいですね。

イオンモバイルを選択した理由

・1GBから選べる豊富な料金プラン

・店舗で申込やサポートがある。

・事務手数料無料キャンペーンを実施していた。

1 1GBから選べる豊富な料金プラン

私は、通信自体はほとんど、使わないため、1GBあれば、十分足りるんですね。

1GBを取り扱っており、かつ、料金も割安だったのが、イオンモバイルでした。

また、イオンモバイルは1GB以外も、2GBや4GBなど、細かく料金プランが設定されており、かつ、1か月ごとに変更することができます。

今月、1GBで足りないと思ったら、翌月は、2GBに変更することもできます。

また、使い切れなかった通信料は翌月末まで繰り越すことができます。

2 店舗で申込やサポートがある。

多くの格安SIMのMVNOがありますが、ネットだけで取り扱っているMVNOもあれば、店舗でも取り扱っているMVNOもあります。

イオンモバイルはネットでの取り扱いもありますが、イオンの店舗でも申込をすることができます。

私も、今回が最初の格安SIMの申込だったため、店舗での申込のほうが安心感がありました。

また、何かあったときも、店舗で相談にいける安心感があります。

3 事務手数料無料キャンペーンを実施していた。

格安SIMを契約する場合には、初月に事務手数料として、3,240円がかかります。

格安SIMのデータ通信量が1,000円以内におさまる場合、この事務手数料は馬鹿にならない金額です。

しかし、イオンモバイルは〇周年記念などで年に数回、4GB以上のデータプランであれば、初月の事務手数料無料キャンペーンを実施することがあります。

私も、運よく、契約する月に、この事務手数料無料キャンペーンを実施していたため、事務手数料がかかりませんでした。

まとめ

ということで、私は、格安データSIMとして、イオンモバイルを選択しました。

しばらく、データ通信量が変わらなければ、イオンモバイルを継続利用することになりそうです。

MVNOの競争も激しい中、どの業者を選ぶかは重要ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です