【株主投資】2018年2月の株式評価を振り返ります。

ポンです。

2018年2月が終わりました。

3月に入り、温かくなってきましたね。

暦の上では、もう春ですからね。

株価も温かくなってくれると嬉しいんですが。

それでは、2018年2月の株式の振り返りに入りましょう。

ということで、恒例の月末の株価評価です。

2018年2月末の株主優待株式等の投資成績

a1180_001395

  • 2018年の2月の含み損益率 167% (1月:166%)
  • 保有銘柄69銘柄(1月末68銘柄)

株式の含み益は2月末は+167%でした。 前回1月は+166%のため、前月比で+1%でした。

2月末は1月末に比べて、パフォーマンスは少し向上しています。

算定式:(2018年3月2日現在の株価-取得価額)/取得価額

2018年2月の追加取得

2018年2月に新たに1銘柄購入しました。

何か月ぶりの購入でしょうか。

新たに購入した銘柄は、マーチャント・バンカーズ(3121)です。

これは、完全に株主優待目的です。

業績もあまり良くなく、配当もほぼありませんが、株主優待が魅力的で、優待利回りが5%前後となりそうだったので、指値を入れていましたら、当たりました。

ただ、40万円近い投資額なので、結構迷いました。

株主優待自体は、株主専用インターネットサイトで選択するタイプなので、バリューHRにやライザップに近い株主優待となりそうです。

株主優待がなくならない限りは、株価は大きく下がらないと考えていますが、業績がこれ以上悪化すると、株主優待もなくなる可能性も否定できません。

ので、最低単元の保有にとどめておこうと思います。

2018年2月の売却株式

2018年2月に売却した株式はありませんでした。

私は、長期保有で株式を購入することが多いんですね。一度、保有するとあまり売却することがありません。

2018年2月末の保有株式含み損トップ3

保有株式のなかで、

  • クックパッド(2193)
  • ヴィア・ホールディングス(7918)
  • 進学会(9760)

が、2月の、含み損のトップ3となりました。

クックパッド(2193)はずっと含み損のままですね。

ヴィア・ホールディングス(7918)は含み損が膨らんでいます。

ヴィア・ホールディングス(7918)はやはり、株主優待の改悪の影響が大きいですね。

ウチヤマホールディングス(6059)が株価の上昇で含み益に転じました。

何年ぶりだろう。

また、進学会(9760)がまた、含み損に転じました。

残念です。

2018年2月の株価の感想

2018年2月末の株価は、1月末に比べて、全体的に下がっていました。

エクセルで入力している最中に、ほとんど、上昇しているものがありませんでした。

ただ、全体として、1月末とそんなに変わらないのは、アイスタイル(3660)が好調だったことが大きいです。

この1銘柄が全体のポートフォリオを支えてくれました。

また、ハイディ日高(7611)が毎年のように、2月28日に株式分割(1対1.2を実施してくれました。

効力は、3月1日なのですが、この株式分割のおかげで、ハイディ日高(7611)の株式数が500株を超えてくれました。

今までは、100株の株主優待だったので、2,000円分のお食事券でした。

しかし、来年は、500株保有ですと、10,000円分のお食事券になります。

これは、なにげに嬉しいですね。

この調子で株式分割をしてくれると、3年後には1,000株保有になりそうです。

1,000株保有になると20,000円分のお食事券になります。

気長に待つことにします。

また、リソルホールディングス(5261)の株主優待も変更になっていたんですね。

100株保有ですと、年24,000円分の自社商品券から年間20,000円分の商品券に減額されてしまいましたね。

ただ、今までは、1日1精算4,000円分までだったのですが、1日1精算40,000円分となったので、使い勝手は、良くなったかもしれませんね。

ホテルに全額、株主優待券で泊まることも可能となりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です