【確定申告】平成29年度の所得税の確定申告で苦労した配当所得の総合課税について、記載してみます。

ポンです。

今年も確定申告の時期がきましたね。

通常のサラリーマンの方でしたら、会社の年末調整で完了するため、確定申告が不要の方も多いと思います。

ですが、私は、自分の所得税の勉強のため、そして、ふるさと納税でお得をするために、毎年確定申告をしています。

確定申告の準備が終わりましたので、今年の確定申告で注意した点などを記載したいと思います。

確定申告の時期を確認しましょう。

今年の確定申告は2月16日~3月15日となります。

これは、毎年、ほとんど、変わりません。

期間は、1か月ありますが、集める資料が多かったり、土日は役所はお休みだったりと、意外に時間が足りなくなります。

確定申告に臨むにあたり、早め早めに準備をするのがお薦めです。

3月15日ぎりぎりに、確定するのでなく、1週間くらい前に、確定するぐらいの余裕をもちましょう。

今年の確定申告の主な内容

私が確定申告で申告する主な内容は、

・給与収入と社会保険料

・生命保険料控除

・ふるさと納税

です。

それに加えて、今年は、

・配当所得

を申告しました。

その内容は、最後に記載します。

給与収入と社会保険料

給与収入と、社会保険料は会社からもらう「源泉徴収票」に記載されているため、これは簡単ですね。

個人的に注意すべきことは、社会保険料に、確定拠出年金の自己負担分も含まれていることでした。

生命保険料控除

こちらも、生命保険会社から送付される「生命保険料控除証明書」に金額が記載されているため、「生命保険料控除証明書」さえ、入手できれば、簡単に記載することができます。

個人的には、おおきな注意点はないですね。

ふるさと納税

ふるさと納税は、初年度は、どこに金額を記載するのか、けっこうわかりにくかったのですが、e-taxも毎年、進化しており、入力が簡単でした。

しっかり、ふるさと納税という単語がありますし、寄付した「市町村」もすべて、プルダウンで選択できました。

ふるさと納税の金額も「ふるさと納税寄付金受領証明書」に記載されていますからね。

ということで、こちらも、問題なく、終了しました。

ということで、これで、確定申告を終わる予定だったのですが、今年は、もう一つ、追加があったので、簡単に記載します。

配当所得について、所得税は総合課税を、住民税は申告不要を選択

今まで、配当所得は、ずっと、特定口座で取引しており、所得税と住民税は、源泉徴収されていたため、何も申請していませんでした。

ですが、平成29年度から、配当金の所得税と住民税について、異なる申告方法を選択できることが明文化されたため、お得になる方が増えたんですね。

課税所得金額が900万円にとうてい、及ばない私にとっては、配当金については、

・所得税は総合課税

・住民税は申告不要

を選択することが、一番有利になります。

ということで、配当金について、配当所得として、確定申告をしました。

これは、今年だけでなく、来年度も、利用することになりそうなので、覚えておかないといけませんね。

また、住民税については、申告不要にする必要があるため、住んでいる市町村に、住民税申告書を提出する必要があります。

住民税申告書は、市役所に問い合わせると、ネットにフォーマットが記載されていたため、簡単に入力することができました。

これも、来年度も覚えておかなければなりませんね。

この配当金の効果で、約1万5000円ほど、税金を取り戻すことができそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です