【株主優待】東建コーポレーション(1766)から10月優待の株主優待券のハガキが届きました。

ポンです。

2017年度に届いた株主優待第88弾となります。

企業数は61のままです。

今回が正真正銘、2017年度の最後の株主優待です。

記事にするのは遅れましたが。

今回は、東建コーポレーション(1766)から10月末の株主優待が届きましたので、写真付きで紹介します。

東建コーポレーション(1766)は4月末と10月末の年2回の株主優待となります。

今回届いたのは、10月末の優待となります。

それでは、

東建コーポレーション(1766)の株主優待

東建コーポレーション(1766)とはどんな会社でしょうか。

お部屋探しもしくは物件探しでしたら、東建コーポレーション(1766)を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。テレビコマーシャルもやっていますからね。

東建コーポレーション(1766)は建設業を実施しつつ、不動産の賃貸も実施しており、最近では、土地活用アパートに力を入れています。

相続税対策にアパートは活用されますからね。

東建コーポレーション(1766)の株主優待の内容

さて、東建コーポレーション(1766)の株主優待は4月と10月で株主優待の内容が異なります。

ここでは、10月の株主優待の内容を紹介します。

10月の株主優待の内容は保有株式数に関係なく、共通です。

すなわち、10株と100株と1,000株と2,000株保有でもかわりません。

  • 「東建ホームメイトカップ特別招待券」
  • 「ホテル多度温泉ご宿泊30%割引券」
  • 「マートマークショップ優待割引券3,000円相当」

より2点を選ぶことができます。

10月末優待は、4月末優待と異なり、すべて、共通になります。

そのため、特に10株保有者にとっては、特に利回りが高くなります。

しかし、残念ながら、今回平成29年10月末の株主優待を最後に、10株保有の株主優待は廃止されます。

大変残念ですが、単元株式数が10株から100株に変更になってから、けっこう長い間10株での株主優待を継続してくれていたため、十分もとはとれたと思います。

また、今までは、4月末と10月末の株主優待がありましたが、次回からは、4月末のみの株主優待と変更となります。

東建コーポレーション(1766)の10月末の株主優待の申込ハガキを写真付きで紹介します。

↓東建コーポレーション(1766)の10月末の株主優待品のお申込みハガキの選択肢です。

私は、東建コーポレーション(1766)の株式を10株保有保有していたため、

・「東建ホームメイトカップ特別招待券」

・「ホテル多度温泉ご宿泊30%割引券」

・「ハートマークショップ3,000円優待割引券」

から2つ選択できます。

私は、「ハートマークショップ3,000円優待割引券」と「ホテル多度温泉ご宿泊30%割引券」を選択しました。

特に「ハートマックショップ」は食品やキッチン用品などそろっており大変便利です。

ですが、今回で、10株保有の私は、最後の株主優待となります。

東建コーポレーション(1766)の業績

東建コーポレーション (1766)は建設業に分類され、アパートや賃貸マンションの設計等をやっています。

東建コーポレーション (1766)の営業利益の推移は

  • 2015年4月   営業利益  94億円
  • 2016年4月   営業利益  131億円
  • 2017年4月   営業利益  185億円
  • 2018年4月予想 営業利益  205億円予想

と好調です

東建コーポレーション(1766)は業績も好調で株価も右肩上がりです。

私は現在、10株しか保有していないのですが、100株保有していればよかったなと後悔しております。

東建コーポレーション(1766)の株主優待を享受するには、100株保有する必要がありますが、100万円以上の資金が必要になります。

株式分割に期待したいところですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメント

  1. […] ・【株主優待】東建コーポレーション(1766)から10月優待の株主優待券のハガキが届きました。  ⇒新規ウィンドウで開く[億ログ] […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です