【モバイル】Wikoの「View」はDSDSかつSDカード可能のSIMフリースマフォでコスパに期待します。

ポンです。

最近は、DSDSのSIMフリースマフォをもっぱら、探しておりました。

特に、DSDSでかつ、SDカードを同時に使える端末をですね。

その結果、行きついたのは、モトローラの製品でした。

しかし、

・Moto G5はデュアルSIMにアップロードされることはなく、

・Moto G5 Plusも性能的にnovaにかなわず、購入することはありませんでした。

そして、待望の

・Moto G5s

・Moto G5s Plus

はSIM2とSDカードが併用することになってしまい、購入候補から外れてしまいました。

そんな中、たまたまネットニュースに記載されていた端末がWikoの「View」という端末でした。

Wikoの「View」の基本スペックをみてみましょう。

Wikoという会社はフランスの会社です。

2011年に創設とありますので、つい最近できたばかりなんですね。

すごいです。

Wikoの「View」の詳細なスペックは他に譲るとしまして、簡単にスペックをみてみます。

・ディスプレイ:5.7インチ

・CPU:Snapdragon425 1.4GHz(クアッドコア)

・メモリー:3GB

・ストレージ:32GB

・バッテリー容量:2,900mAh

・SIM形状:microSIM×2

・USB端子:microUSB

・価格:2万~3万円

ということで、私のようにゲームをしないで、ネット閲覧中心の私にとっては、十分なスペックです。

その他に、個人的に注目した点が3つです。

注目点①DSDSかつSDカード

注目点②バッテリーの交換が可能化もしれない

注目点③価格が2~3万円

注目点①DSDSかつSDカード

私にとって、「View」の最大の注目点は、これですね。

DSDSということで、通話と通信を両方することができる上に、SDカードを同時にさすことができるので、容量を増やすことができます。

ただ、気になるのが、SIMの形状がmicroSIMなんですよね。

ここは、nanoSIMにしてほしかったです。

詳細は、こちらの記事を参考にさせていただきたいと思います。

注目点②バッテリーの交換が可能かもしれない

近年の、スマートフォンはバッテリーの交換ができないものがほとんどです。

しかし、この、Wikoの「View」は背面カバーを取り外すことができ、バッテリーの交換が可能なんですね。

あとは、交換用のバッテリーが手軽に入手できるかどうかですね。

詳細は、こちらの記事を参考にさせていただきたいと思います。

注目点③価格が2~3万円

近年、格安スマフォというものの、3万円を超えるものも増えてきており、私には、手が届かない存在となってきました。

しかし、このWikoの「View」は2~3万円で購入することができそうです。

財布にやさしいですね、

Wikoの「View」はアマゾンで予約開始。発売予定日は2017年12月15日

この、Wikoの「View」ですが、すでにアマゾンで予約が開始されています。

販売価格は、30,013円(税込)となっています。

私は、予約はせず、様子見で、Wikoの「View」のレビューに注目していきたいと思います。

期待値は高いのですが、過去、期待していたフリーテルのスマフォも蓋を開けたら、評判が散々でしたからね。

ということで、しばらくは、Wikoの「View」の動向を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です