【モバイル】格安SIMを選択する際の条件を自分なりに考えてみた。

ポンです。

最近は、DSDSの格安スマフォを入手して、自己満足している日々です。

HUAWEI novaの性能が思ったよりよかったため、もう一台検討追加購入を検討してみようと思っています。

もう一台の追加は、解約月の関係で、数か月先のことになりますが、早め早めに考えておくのは、いいことですよね。

ということで、今回検討しているのは、一番オーソドックスなFOMA SIMと格安通信SIMの組み合わせです。

格安スマフォの運用

DSDSの格安スマフォを運用する場合には、基本的に、2つのSIMが必要になります。

1つ目が、3Gの通話SIMです。

2つ目が、4Gの通信SIMです。

また、

DSDSの格安スマフォが必要になります。

3Gの通話SIMの検討

まずは、3Gの通話SIMとしては、ドコモのガラケーの3GSIMを考えています。

しかし、一番の問題は、ドコモの3Gガラケーを数ヵ月先に調達することができるかどうかです。

今や、3Gのガラケーはほとんど、出回っておらず、ドコモショップにいってもない店舗がほとんどです。

流通している3Gのガラケーの在庫は、ほんとに希少です。

たまに、ツイッターで出たりしますが、運良く、自宅から通える範囲の店舗とは限らないんですよね。

現時点でも、ほとんど、流通していないドコモの3Gガラケーをはたして、数ヵ月先に入手することができるのかどうかが、最大のポイントとなりそうです。

また、ガラケーはドコモ以外に、ソフトバンクとauがありますが、無料通話量が含まれていないため、候補にあがりにくいんですね。

この点が最大のネックとなりそうです。

4Gの通信SIM

4Gの通信SIMは逆に数が多すぎて、迷ってしまいます。

この辺りは、単純に値段が先行しますが、通信速度も重要になりそうです。

現在の通信料は1GBにも満たないため、余裕を持たせて、2~3GB程度の通話SIMを考えています。

また、簡単に、格安SIMを調べてみると、

・データ量の繰り越し

・データ量のシェア

・データ量の追加

などなど、多くの選択肢があるんですね。

そんなことで、数ある格安SIMで一応、私の条件を記載しておこうと思います。

・通信料は2~3GB

・月額1,000円以内

・データ量の繰越あり

くらいの条件があれば十分です。

また、注意事項としては

・初期費用が3,240円程度かかる

・最低利用期間があるものがある

などでしょうか。

特に、初期費用3,240円は月額料金1,000円程度とすると、約3倍かかるため、けっこう馬鹿にならない金額なんですよね。

少し、ネットで検索して、絞っていきたいと思いますが、格安SIMは会社が多すぎて、迷いますね。

DSDSの格安スマフォ

DSDSの格安スマフォはHUAWEI novaが最有力候補となりそうです。

何より、現在使っていて、とびぬけて、悪い点がないこと。

ネットでも評価が高いこと。

などから、数か月先でも、十分通じるスペックを持っていそうです。

また、5インチというサイズ感も私には、あっています。

まとめ

ということで、数ヵ月先のMNPを考えた場合、一番のボトルネックは、SIM1に使うドコモの3Gのガラケーの調達となりそうです。

少しずつ、探していこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です