【モバイル】初めて格安スマフォのHUAWEI novaを購入。DSDS運用した感想を詳細に記載します。

ポンです。

今まで、ずっと、どのSIMフリー格安スマフォを購入しようか迷っていましたが、ついに決着がつきました。

結論は、DSDS対応端末のHUAWEI nova SIMフリーとなりました。

今回は、HUAWEI nova SIMフリーに決めた理由としばらく使った感想を記載します。

DSDS対応のSIMフリー格安スマフォを選択

SIMフリー格安スマフォは数多くできいますが、まずは、その中から、大まかに、下記の条件に当てはまるものに絞りました。

・DSDS対応

・価格が3万円以内

・価格コムやアマゾンなどのレビューが悪くないこと

上記の3条件から絞り込まれたのが、

・ZenFone 3

・Moto G5 Plus

・HUAWEI nova SIMフリー

でした。

DSDS対応の格安SIMフリースマフォからHUAWEI nova SIMフリーを選択

当初の予定では、Moto G5 Plusが最有力候補でした。

しかし、私の使い方では、SDカードを使う必要がないことから、あえて、Moto G5 Plusにしなくてもよいことがわかりました。

そんな中、HUAWEI nova SIMフリーは

・ZenFone 3とMoto G5 Plusよりも、価格が安かった。

・ワイモバイルで修理の取次をしてくれる

といった、メリットが出てきました。

そのため、HUAWEI nova SIMフリーに決定しました。

格安スマフォHUAWEI nova SIMフリーを初めて、購入したを購入した率直な感想

実は、私は、格安スマフォを購入したのは、今回が初めてなんですね。

今までは、いわゆる、キャリアのスマートフォンしか購入したことがありません。

そんなことで、まずは、格安スマフォを購入した感想を記載したいと思います。

2年間縛りがない。

大手キャリアでスマフォを購入すると、2年間の縛りがあります。

3年から4年前は、一括0円端末などもありましたが、今は、ほとんどが分割払いで購入するのではないでしょうか。

端末代金が通信費からひかれますからね。

お得な購入方法ですが、途中で機種変更しようとすると、残りの分割金が請求されてしまいます。

格安スマフォは一括購入のため、2年間の縛りがないことは嬉しいです。

充電器が入っている。

大手キャリアでスマートフォンを購入すると、充電器が入っていません。

これも、何年か前は、充電器が入っていたのですが、最近は、充電器が入っていないんですよね。

なので、もし、充電器を持っていない場合には、追加で購入する必要があります。

しかし、格安スマフォHUAWEI novaには、充電器が付属していました。

これは、かなり大きなメリットですね。

特に、HUAWEI nova SIMフリーはタイプCの充電器が必要であり、私は、持っていませんでしたが、今回、最初からタイプCの充電器が付属しており、とても助かりました。

HUAWEI nova SIMフリーをDSDS運用した感想を詳細に記載します。

HUAWEI nova SIMフリーをDSDS運用できるかは、試すまでは、結構不安がありました。

しかし、実際に購入して試してみると、無事、通話もすることができたため、その過程を記載してみたいと思います。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ①

多くの方が運用するDSDSのSIMの構成は

・SIM1(3G):ドコモのガラケーのFOMAsim

・SIM2(4G):MVNOの通信SIM

が多いのでは、ないでしょうか。

私も、この組み合わせは、ネット検索で多くの方が運用している記事を読んでいたため、問題ないと確信を得ていました。

ですが、私は、MVNOの通信SIMを持っていないんですね。

なので、少し組み合わせが違います。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ②

可能であれば、

・SIM1(3G):ドコモのガラケーのFOMAsim

・SIM2(4G):何もいれない。

で運用をできれば、いいのですが、これもできないことは、購入前に検索出来ていたため、あきらめていました。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ③

そのため、私が実際に運用した組み合わせは、

・SIM1(3G):ドコモのガラケーのFOMAsim

・SIM2(4G):ダミーSIM(契約のきれたソフトバンクのSIM)

です。

問題は、ダミーSIMとして、契約のきれたソフトバンクのSIMが通じるのかどうかとでした。

結論としては、うまく機能してくれました。

おそらく、ダミーSIMとして、ドコモやauの契約の切れたSIMも使えるのではないでしょうか。こちらは、試すことはできませんが。

今回は、昔、契約していたソフトバンクのSIMがたまたま、手元に残っていて、助かりました。

SIMは解約したときに没収されていたと思っていたのですが、必ずしも、回収されるわけではなさそうですね。

私はもし、契約のきれたソフトバンクのSIMがダミーSIMとして、機能していなければ、アマゾン等でダミーSIMを購入する必要があると考えていましたが、それは、不要でした。

また、試していませんが、下記の組み合わせでも、DSDS運用できるのか、興味を持っています。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ④

・SIM1(3G):ドコモのガラホのsim

・SIM2(4G):ダミーSIM(契約のきれたソフトバンクのSIM)

で、通話はできるのでしょうか。

ガラホはいわゆる4Gの回線を使っていると思うので、使えるのかどうかがいまいちわかりません。

こちらも、ネット記事で運用できるとあったので、おそらく可能だと思います。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ⑤

・SIM1(3G):ソフトバンクガラケーのsim

・SIM2(4G):ダミーSIM(契約のきれたソフトバンクのSIM)

こららの組み合わせもおそらく、SIM1で通話ができると思います。

ただ、ソフトバンクのガラケーの入手が非常に困難だと思います。

SIM1(3G)とSIM2(4G)の組み合わせ⑥

・SIM1(3G):ソフトバンクガラホのsim

・SIM2(4G):ダミーSIM(契約のきれたソフトバンクのSIM)

こららの組み合わせもおそらく、SIM1で通話ができるかが、いまいちわかりません。

誰か運用をした方がいましたら、教えていただければと思います。

格安スマフォHUAWEI nova SIMフリーを使用したメリット2つ

1 通話料金を安く抑えることができました。

今回、HUAWEI nova SIMフリーを一括で購入したため、大きな支出になりました。

しかし、そのおかげで、月々の通話料金をFOMA料金の934円に抑えることができました。

この価格には、25分間の無料通話分が含まれています。

私は、ほとんど、通話をしないため、基本料が0円で、通話した分だけ、費用が発生するプランがあれば、いいのですが、それは、今のところないんですね。

2 2台持ちから1台持ちになりました。

今までは、ガラケーを持っていましたが、ガラケーはほとんど見ることがありませんでした。

そのため、電話があっても、あまりとることがありませんでした。

しかし、2台持ちから1台持ちになることで、電話を取り忘れることも少なくなりそうです。

何より、持ち運びが楽ですね。

また、使い慣れたスマフォで電話をできるのは、大変楽です。

今回、HUAWEI nova SIMフリーを購入して、とても、快適な生活を得ることができました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です