【ポイント】ドコモ「更新ありがとうポイント」3,000ポイントは27か月から32か月目に申請手続必須。

ポンです。

ドコモ契約が無事2年間を過ぎ、ようやく、解約違約金の発生しない2か月間の更新期間に入りました。

ドコモから、MNPをするならば、この期間しかありません。

しかし、MNPをしないで、再び、ドコモの2年間の縛りを選択するならば、忘れてはいけないものがあります。

それが、ドコモ「更新ありがとうポイント」の申請です。

これは、申請しないともらえないポイントのため申請を忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はこの、ドコモ「更新ありがとうポイント」について記載したいと思います。

ドコモ「更新ありがとうポイント」とは何でしょうか。

まずは、ドコモ「更新ありがとうポイント」の説明が必要ですね。

ドコモのプランには、大きく分けて、2つのプランがあります。

・2年間の縛りがある「ずっとドコモ割コース」

・2年間の縛りのない「フリーコース」

です。

ここで、2年間の縛りのない「フリーコース」もありますが、ほとんどの方が、月額料の安くなる「ずっとドコモ割コース」を選択することになります。

なにしろ、月額料が安くなりますからね。

しかし、月額料が安くなる分、2年間はドコモ契約を継続することになります。

解約もできますが、違約金を嫌い、ほとんどの方は、解約しません。

つまり、ドコモにとっては、2年間契約を継続でき、ユーザーも月額料を安くでき、お互いにウィンウィンなシステムなんですね。

そして、ドコモ「更新ありがとうポイント」はこの「ずっとドコモ割コース」を再更新することにより、3,000ポイントをもらうことができるというシステムなんですね。

ドコモ「更新ありがとうポイント」が適用されるプラン

ドコモ「更新ありがとうポイント」で3,000円をもらうことができるプランは以下の4つです。

・カケホーダイプラン 月額2,700円のプラン

・カケホーダイライトプラン 月額1,700円のプラン

・シンプルプラン 月額980円のプラン

・データプラン

です。

スマートフォンを契約している方でしたら、多くのかたがこれらのプランを選択しているのではないでしょうか。

ということで、上記の4つのプランを選択している方は、「更新ありがとうポイント」で3,000ポイントをもらう権利が発生します。

残念ながら、FOMAプランでは、ドコモ「更新ありがとうポイント」は適用されないんですね。

ドコモ「更新ありがとうポイント」をもらうには、申請が必要

ドコモ「更新ありがとうポイント」の3,000ポイントは、申請をしないともらうことができません。

ここが一番重要ですね。

つまり、「ずっとドコモ割コース」を更新したとしても、自動でポイントがもらえるわけではありません。

申請して、初めて、3,000ポイントをもらうことができます。

そして、申請ができる期間も決まっています。

・24か月目 ⇒ 2年契約満了

・25か月から26か月 ⇒ 更新期間

・27か月から32か月 ⇒ ドコモ「更新ありがとうポイント」の申請時期

となります。

そのため、27か月から32か月目にドコモ「更新ありがとうポイント」の申請を必ず、忘れずに行いましょう。

ドコモ「更新ありがとうポイント」の申請方法

・スマートフォンをお持ちの方は、

dメニュー ⇒ d POINT CLUB ⇒ お知らせの「更新ありがとうポイント」の申請について ⇒ お手続画面

から申込を行います。

dポイント3,000ポイントの使い方

ドコモ「更新ありがとうポイント」3,000ポイントとありますが、内容はdポイント3,000ポイントです。

dポイントは、いろいろなお店で使えます。

マクドナルドやローソンは特に宣伝していますよね。

また、スマートフォンの月額利用料に使うこともできます。

せっかくもらったdポイントですが、スマートフォンの月額料に充当することが一番の節約になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です