【モバイル】ドコモの機種分割払い(24回)が終了終了したので、継続利用するか、MNPするかを検討

ポンです。

私は、ドコモユーザーです。

MVNOがシェアを広げている中で、いまだ、キャリアを続けているのかという突っ込みもあるかもしれませんが、それでも、電話をあまりかけない私には、キャリアで十分なんですね。

とはいえ、ドコモ端末を2年間使い、ようやく、機種端末代金の24回分割支払いが終わりました。

とりあえず、2か月間の違約金なしでMNPをできる期間を得ることができました。

ここで、考えるべきは、このまま、ドコモを継続するか、他のキャリアに変更するか、MVNOに変更するかの3つの選択肢ができそうです。

ここで、3つの選択を考えてみようと思います。

3年目以降の通信量の比較

1 25が月目からのドコモの通信料

まずは、25か月目からのドコモを継続利用した時の料金を考えてみたいと思います。

25か月目からは、端末代金の支払代金はありません。

純粋に電話料金だけがかかります。

その電話料金は、990円です。

内訳は、下記のとおりです。

・基本使用料 934円

基本使用料(FOMAタイプSSバリュー)1,864円

ファミマ割マックス50/ひとりでも割50 △930円

・その他ご利用料金等(計) △17円

ユニバーサルサービス料 3円

eビリング割引料    △20円

・消費税相当額 73円

月々の電話料金が1,000円を下回っているので、なかなか、お得な金額かなと思います。

2 ソフトバンクのガラケー割を適用する場合

2つ目は、ソフトバンクのガラケー割の適用が選択肢になります。

もし、ソフトバンクのガラケーに変更した場合の簡単な見積もりを出してみたいと思います。

一括で発生する料金 15,400円

ソフトバンクのガラホの端末代:10,000円

ドコモからのMNP転出手数料:2,160円

事務手数料:3,240円

毎月の電話料金

スマ放題ライト:1,296円

ウェブ使用料:324円

データ定額:0円~

月々割(36回)  :△1,320円

のりかえ下取(24回):△200円

ということで、

1年目の月額 78円

2年目の月額 78円

3年目の月額 300円

4年目の月額 1,620円

です。そのため、

1年目の年額 78円×12か月=936円

2年目の年額 78円×12か月=936円

3年目の年額 300円×12か月=3,600円

4年目の年額 1,620円×12か月=19,440円

となります。

ポイントは、1年目~3年目はガラケー割がきいて、1,000円よりも安いのですが、4年目以降は、ガラケー割が外れ、1,000円を超えてしまうので、割高になるんですね。

3年目以降は、また、他社にMNPするという方法もありますが、けっこうMNPするのは、手間がかかるんですよね。

ソフトバンクのガラケーへの変更は、手間を考えなければ、ありですね。

3 MVNOへの変更

MVNOの格安SIMって確かに安いですよね。

特にデータ通信SIMはとても安いです。

しかし、音声通話SIMで月額料金が安いSIMを調べてみると、

・nuroモバイル 0sim データ+音声プラン 756円~2,484円/月

・ロケットモバイル 神プラン+通話プラン 1,023円/月額

・フリーテル 使った分だけ安心プラン音声通話付 1,078円/月額

と、月々、1,000円を超えてしまうプランが多いです。

しかも、ドコモのFOMAのSSバリューのように、無料通話分がないんですね。

ということで、現状、MVNOは難しそうです。

まとめ

ということで、現状のドコモのがらけー継続か、ソフトバンクのガラホへのMNPかが有力となりそうです。

トータル的には、ソフトバンクのガラホが安そうですが、MNPの手間や、通信の安定性を考えると、ドコモのガラケーの継続もありかもしれませんね。

まあ、2020年頃に3Gプランが廃止される可能性はありますが、正式な廃止が発表されるまでは、ガラケーを使いたいと思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です