【家計簿】Dr.Wallet(ドクターウォレット)がとても使いやすい理由を記載します。

ポンです。

皆様は、家計簿をつけていますか。

私は、つけています。

昔は、エクセルを使って、家計簿を作っていた時期もありましたが、今は、便利な家計簿アプリが出てきているため、エクセルで家計簿を作ることもなくなりました。

家計簿アプリは自動で口座情報を取得してくれるものがあり、どれが一番使いやすいかをずいぶん悩みましたが、最近は、1つ答えが見つかったため、記載してみたいと思います。

口座連携できる家計簿アプリ4選

家計簿アプリは何十も出ており、もちろんすべてを使ったことはありませんが、その中でも、評判がよく、口座連携してくれる家計簿アプリといえば、

  • マネーフォワード
  • マネーツリー
  • Dr.Wallet(ドクターウォレット)
  • Zaim(ザイム)

が有名どころではないでしょうか。

私も、これらの家計簿アプリを一通り試しました。

どれも、本当に使いやすいのですが、それでも細かい点をあげると、少し物足りない点が出てきます。

今回はその点を記載してみたいと思います。

私が家計簿アプリに求める点

私が家計簿アプリに求めることは使い方によって、多少変わりますが、主に無料で

  • 資産残高の把握ができること
  • 収支の把握ができること
  • 1年以上の前のデータが見えること
  • スマフォでsuicaの取り込みができること

の4つの機能を備えていることになります。

特に私の現在の環境では、suicaで支払いをすることも多いため、このsuicaのデータをスマフォで取り込めることは非常に重要となります。

モバイルsuicaという選択肢もあるのですが、モバイルsuicaは電池切れの可能性もあるため、あくまで、予備として使いたいと思っています。

これらの機能をそれぞれの家計簿アプリに当てはめてみようと思います。

マネーフォワード

マネーフォワードの私の主観評価は、

  • 資産残高の把握ができること  ◎
  • 収支の把握ができること    ◎
  • 1年以上の前のデータが見えること ×
  • スマフォでsuicaの取り込みができること 〇

となります。

私はマネーフォワードとの付き合いが長く、一番のお気に入りの家計簿アプリとなっています。

マネーフォワードの一番の強みは、とにかく、連携できる金融機関がダントツで多いことです。

銀行はもちろん、証券会社も、FX会社もほぼすべてを把握しています。

私の保有している金融機関もすべて、抑えてくれています。

そのため、マネーフォワードで現時点の資産残高を正確に把握することができます。

また、収支も月ごとに円グラフで把握でき、とても見やすいです。

ただ、1点だけ残念なのが、1年以上前の収支が把握できない点なんですね。。。

こればかりは、有料会員になるしか方法はないんですね。

マネーツリー

マネーツリーの私の主観評価は、

  • 資産残高の把握ができること  〇
  • 収支の把握ができること    〇
  • 1年以上の前のデータが見えること 〇
  • スマフォでsuicaの取り込みができること ×

となります。

マネーツリーは「一生通帳」という文句通り、1年以上前のデータの把握ができることです。

また、収支もシンプルに表示され、高評価です。

その一方、証券会社やFX会社で登録できる数が少ないのが残念です。

また、suicaの取り込みができないのが物足りないです。

Zaim(ザイム)

Zaim(ザイム)の私の主観評価は、

  • 資産残高の把握ができること  〇
  • 収支の把握ができること    〇
  • 1年以上の前のデータが見えること 〇
  • スマフォでsuicaの取り込みができること ×

となります。

Zaim(ザイム)は画面がとても見やすく、収支の把握がしやすいです。

また、1年以上前のデータが見えるのも強みです。

しかし、1年以上前のデータの閲覧が有料になりそうな気がするのが、HPに記載されているので安心して使えないんですよね。

また、スマフォでsuicaの取り込みができないのが残念なんですよね。

ただ、パソコン版で、CSVの取り込みができることは補足しておきますね。

Dr.Wallet(ドクターウォレット)

Dr.Wallet(ドクターウォレット)の私の主観評価は、

  • 資産残高の把握ができること  〇
  • 収支の把握ができること    〇
  • 1年以上の前のデータが見えること 〇
  • スマフォでsuicaの取り込みができること 〇

となります。

Dr.Wallet(ドクターウォレット)の最大の売りは「オペレーターによる入力代行」でした。

その「オペレーターによる入力代行」も昨今、品目の入力は有料となり、嵐のようなバッシングを受けていました。

しかし、再度、使いなおしてみると、どの点も平均以上でとてもバランスがよい家計簿アプリです。

では、1つ1つみてみましょう。

Dr.Wallet(ドクターウォレット)も登録できる金融機関はマネーフォワードには遠く及びません。

証券会社とFX会社は全然足りません。

しかし、銀行とクレジットカードは有名どころは登録できるため、クレジットカード決済メインの方であれば、十分です。

私もメインで使っている銀行とクレジットカードはすべて登録できました。

また、スマフォでsuicaの取り込みができるのも強みです。

収支の把握も表と円グラフで見ることができ、高評価です。

そして、最大のメリットが1年以上前のデータをみることができることです。

これにより、マネーフォワードの欠点を補うことができます。

私の家計簿アプリの活用方法

ということで、いろいろ家計簿アプリを主観で判断してきましたが、現状の私の使い方は、

  • マネーフォワードで資産残高を把握
  • Dr.Wallet(ドクターウォレット)で収支を把握

といういわゆる二刀流となりそうです。

2つの家計簿アプリを使うのは、正直、めんどくさいのですが、マネーフォワードが1年以上前のデータを把握することができないため、Dr.Wallet(ドクターウォレット)にもお世話になります。

また、私の支払手段はほとんどが、クレジットカード払いで、ATMで現金をおろすこともほとんどありません。

そのため、家計簿の入力もクレジットカードからの自動連係がほとんどであり、手動入力することがほとんどありません。

手動入力は月に1,2回でしょうか。

ということで、2つの家計簿を管理することもそれほど、手間ではないため、しばらくは、マネーフォワードとDr.Wallet(ドクターウォレット)を並行して使っていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です