【株式投資】フランス大統領選前を前に、株式の指値をいろいろ入れてみました。

ポンです。

いよいよ、フランス大統領選が始まりました。

注目すべきは、誰が大統領になり、その結果、フランスがEUに残留するかどうかですね。

今回のフランス大統領選の結果は、すぐに翌日に出ると思いますので、今回は、大統領選前の気持ちをブログに残しておこうと思います。

フランスがEUから脱退するとしたら

EUはいろいろな国が加盟していますが、その中でも、主要国は、やはり、ドイツとフランスとイギリスでした。

しかし、すでに、イギリスが選挙の結果、EU脱退を決めています。

イギリスに続き、フランスもEU脱退が決まったとしたら、EUは厳しくなります。

株式市場にも大きな影響がでるのは間違いありません。

過去の、イギリスのEU脱退の決定時、トランプ政権の誕生時、どちらも、株式市場は、一時、大きく下がりましたからね。

フランスがEUから脱退する可能性は2割程度だと思いますが、隠れトランプのように調査に表れていない数字もあるため、予想が難しいです。

株式投資家として、行ったこと

フランスがEUから脱退するとした場合、株式市場は大きく下落することは予想されます。

個人の一投資家として、行うことは変わりません。

欲しい銘柄に市場価格より低めで指値をいれておきました。

なぜなら、株式市場は一時的に下がったとしても、企業の業績は大きく変わりませんからね。

株価は、外的要因と内的要因で変化しますが、外的要因で株価が下がったときは、買い時だと考えています。

すべての銘柄が指値に引っかかることはないと思いますが、1銘柄でも、割安で指値に引っかかってくれると嬉しいですね。

将来のことを完全に読むことはどんなプロでもできません。

そのため、最悪の事態に備えて、準備しておくことだけですね。

フランス大統領選の結果は明日にはでていると思います。

株式市場にどのような影響を及ぼすか、振り返りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です