【クレジットカード】ライフカードが大改悪で誕生月ポイントが5倍から3倍の衝撃。

ポンです。

銀行にお金を預けても、もはや、金利がつかない時代において、クレジットカードの支払いによる還元は大変貴重です。

銀行の預金利率がほぼ、0%に集約するように、クレジットカードの還元率も1%または、1.5%に集約されているように思われます。

今回、大改悪となったのは、ライフカードです。

きっかけは、メールに届いた

「LIFEサンクスプレゼント」ポイントプログラムリニューアルのご案内

というメールです。

重要なお知らせのため、私のメールにも届いたようです。

このメールに記載された

「LIFEサンクスプレゼント」ポイントプログラムリニューアルの内容の詳細はこちらです。

おもな変更点は、

  • 【1.8倍】新ステージ登場
  • ポイントで築地の食材をお取り寄せ

と、よさそうなことが最初に記載されていますが、注目すべきは、

  • ポイント付与・ポイント交換得点の変更

に記載されている

2018年4月以降「お誕生日月ポイント」は基本ポイントの5倍から3倍に変更

という文言です。

もともと、ライフカードの最大の特徴は、誕生日月に基本ポイントが7倍になるということでした。

しかし、誕生日月に基本ポイント7倍は縮小され、5倍になってしまいました。

そして、今回の変更で、ついに3倍まで縮小されてしまいました。

ライフカードは1,000円につき1ポイントがつき、その1ポイントが5円相当の価値を持っていました。

そのため、1,000円で5円の還元のため、還元率0.5%となります。

しかし、誕生日月は5倍の2.5%の還元率を誇っていたため、誕生日月は、他のどのクレジットカードよりも高い還元率を誇る、無敵のカードでした。

ですが、ですが、今回の改悪で、誕生日月ですら、1.5%の還元率となってしまいました。

これでは、通常の高還元率のクレジットカードと全くかわりません。

私のメインカードであるP-One wizカードと変わらないんですね。

2018年4月以降のライフカードの使い方

今までは、還元率1.5%のP-One wizカードをメインカードにして、誕生日月は還元率2.5%のライフカードで支払うという使い方をしていました。

固定費は、P-One wizカードで支払いをしますが、高額な支払や誕生日月の支払いはライフカードという使い方ですね。

例えば、ふるさと納税は誕生日月にライフカードで支払いをするようにする。とか。

高額な家電は誕生日月にライフカードで支払いをするとかですね。

しかし、P-One wizカードとライフカード(誕生日月)の還元率が同じになってしまった以上、ライフカードを使う必要性がなくなってしまいました。

2018年4月以降、ライフカードとはお別れになりそうです。

ライフカード改悪後のクレジットカードの使用方針

今までは、

  • メインカード P-One wizカード
  • サブカード① ビュースイカカード
  • サブカード② ライフカード
  • サブカード③ 楽天カード

として使っていましたが、

2018年4月以降は、

  • メインカード P-One wizカード
  • サブカード① ビュースイカカード
  • サブカード② 楽天カード

となりそうです。

財布にいれるクレジットカードの枚数が減るという意味では、いいかもしれません。

ですが、現在、1.5%の還元率を誇るP-One wizカードもいつか、1%に改悪するのではないかと思っています。

1%の還元率を超えるクレジットカードは何個かありますが、基本、年会費がかかります。

年会費が無料で還元率1.5%のP-One wizカードが稀少種になります。

もともと、リボ払いを想定して作られているP-One wizカードだけに、いつ、改悪するかはわかりませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です