【株式投資】東芝株を買うべきかどうかを考えてみる。

ポンです。

私は、テレビニュースを見ますが、連日取り上げられているニュースが、東芝(6502)です。

家電を持っている方は、東芝(6502)製の方もいるのではないでしょうか。

パソコンだったり、

テレビだったり、

エアコンだったり、

冷蔵庫だったり、

洗濯機だったり、

掃除機だったり、

1つくらいは保有されていませんか。

それくらい、家庭に浸透している今話題の東芝(6502)。

東芝(6502)株は買いなのか、買うべきではないのかを、現時点での考えを備忘録として、残しておきたいと思います。

なぜ、債務超過の可能性のある東芝(6502)株の買うのか

それは、ずばり、儲かる可能性があるからですね。

不正があった株は、一時的に売られ、株価は下がります。

しかし、業績が回復すれば、株価は上がります。

最近では、

JAL

オリンパス

クックパット

ピーシーデポコーポレーション

などが話題に上がった企業です。

JALは絶対に潰れないと言われていましたが、債務超過となり、株は紙くずとなりました。

オリンパスは、復活して、今や、回復しています。

クックパットの株価は下がったままです。

同じく、ピーシーデポコーポレーションも株価は低迷したままです。

では、

東芝(6502)の株価はどうなるのでしょうか。

東芝(6502)は原子力事業の大幅な減損損失の計上により、債務超過になることが予定されています。

そのため、現在、いろいろな債務超過回避策がニュースで報道されています。

半導体事業を売却して、資金を得て、債務超過を回避するなどですね。

また、銀行も融資の支援はしてくれそうです。

債務超過の問題は、何とか、切り抜けると思いますが。

上場維持できるかどうかが、問題となるのではないでしょうか。

すでに、1部上場から、2部上場に降格することが決まっているようですが。

上場廃止の可能性もあり得ます。

特に、過去の不正会計の影響や、決算の延期などを考慮すれば、十分、上場廃止の可能性はあり得ます。

上場廃止になってしまえば、株式は、紙くずになってしまいます。

個人的には、そこまでの、リスクを負うことはないと考えます。

現在は、東芝株をあえて、積極購入する予定はありません。

この判断が、将来、吉とでるか、凶とでるか。は

将来判断をしてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です