【銀行】楽天銀行のセキュリティが厳しすぎて、振込に時間がかかるときの対処法

ポンです。

最近は、振込サギの影響もあってか、銀行の振込額に制限を設けたり、ATMの出金限度額に制限を設けたり、預金の振替も面倒になっていますよね。

また、ネット銀行も、ワンタイムパスワードを導入する銀行が増えています。

ネット銀行がセキュリティを重視しているのは、利用者からして安心できますが、セキュリティが厳しくなりすぎて、時間がかかったり、パスワードの再発行が必要だったりするんですよね。

今回は、私もメイン銀行である楽天銀行でネット銀行にログインして、振込を行うまでにかかる工数を記載するとともに、もっと、楽に行う方法を記載したいと思います。

楽天銀行の口座にログインするまでに必要なこと

パソコンから楽天銀行の取引画面にログインするには、

  • ユーザID
  • ログインパスワード

を入力する必要があります。

今までは、この2つを入力すれば、残高画面や、振込画面まで、いけたのですが、さらにセキュリティ強化のため、

  • 支店番号
  • 口座番号
  • 秘密の質問の回答

を入力する必要があります。

面倒くさいです。

振り込みをするのに必要なこと

楽天銀行のパソコン画面から、他行への振り替えをする際には、今までは、

  • 暗証番号

を入力していれば、振込ができていました。

しかし、最近では、さらに入力が必要な項目が増えており、

  • ワンタイムパスワード
  • 生年月日

を入力する必要があります。

もう、面倒すぎます。心折れます。

自分の口座なのに、自由に扱うことができない。

パソコン慣れしていない方は、まず無理でしょう。

慣れている方でも、通常、15分くらいかかります。

とうことで、少しでも、楽天銀行の残高照会と振込を行うには、

楽天銀行のスマフォアプリを使うと簡単

です。

もちろん、スマフォを持っていないと、使うことができませんが、スマフォを持っていることを前提とします。

スマフォに楽天銀行のアプリをインストールすると、最初の設定は、必要ですが、1回設定さえしてしまえば、

楽天銀行へのログインは

  • ログインパスワード

の入力のみで行うことができます。

また、他行への振込も

  • 暗証番号

のみの入力で行うことができます。

パソコンの画面では、ログインするまで、入力項目が5つありましたが、アプリでは、入力項目を1つに減らせます。

また、他行への振込も、パソコンの画面では、入力項目が3つありましたが、アプリでは、入力項目を1つに減らすことができます。

一度、楽天銀行のスマフォアプリに慣れてしまうと、手放すことができなくなってしまいます。

まだ、楽天銀行の取引画面にパソコンからのみ入っていた方は、ぜひ、スマフォから入ってみることをお薦めします。

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です