【銀行】保有する銀行口座を整理しました。が解約整理までは至りませんでした。

ポンです。

銀行口座って1年に1回くらい整理しないと、分からなくなりますよね。

特に私のように2桁単位で銀行口座をもっている場合です。

とうことで、銀行口座を整理してみました。

感想は、主要な銀行は保有しているなということと、保有口座を減らそうかということとです。

メイン銀行をきめる。

銀行口座は複数桁もっていますが、メインとして使っている銀行は、

  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行

の2つです。

サブとして使っているのは、住信SBIネット銀行です。

そのほかの銀行口座は、保有していますが、残高がないものと、残高はありますが、残高が変わらないものがあります。

そのような銀行口座はそのままにするか、解約するかを考えてしまうんですよね。

減らすべき保有銀行口座を考えてみる。

ネット銀行の中でも、流通系の銀行口座である

イオン銀行

セブン銀行

は、近くにイオン系やセブン系のモールやスーパーができれば、使う機会が増えるかもしれません。

それに対して、ネット銀行の中でも、

  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行
  • じぶん銀行

あたりは、現状メイン銀行とならなそうなんですよね。

もちろん、同行の決済であれば、便利なのですが、最近は、振込手数料が無料にする方法鵜もあるため、それほど、使う機会がないんですよね。

また、

スルガ銀行

も話題になっていたため、作っていたのですが、実際には、あまり使う機会がないんですよね。

キャッシュカードの管理やトークンの管理などに手間がかかる。

銀行口座を1つもつと、キャッシュカードが1枚増えます。

それにプラスして、ネット銀行にすると、「乱数表」が送られてきたり、「トークン」が送られてきたりして、それぞれ、管理するカードが増えるんですよね。

スマートな銀行口座の管理をするには、やはり、保有する銀行口座を解約するのが一番簡単だと思うのですが、どうしても、一度解約すると、また、使うときがくるかもしれない。また、銀行口座を作成するのに、手間がかかるとなってしまいます。

デビットカードも増えてきた。

最近は、銀行もデビットカードに力を入れています。

銀行側のデビットカードのメリットは、やはり、マーケティングに活用することができることだと思います。

消費者が何にお金を使っているのかが、直にわかりますからね。

そういう意味で、最近は、どの銀行もデビットカードの発行や切り替えを促しています。

デビットカードはとても、便利で、もちろん、私も活用しています。

しかし、すべてをデビットカードにした場合のリスクを少し考えてみました。

キャッシュカードを落とした場合は、暗証番号がわからなければ、現金を引き出すことができません。

それに対して、デビットカードを落とした場合には、同じように、暗証番号がわからなければ、現金を引き出すことができません。が、普通に、コンビニや、スーパーで決済ができてしまうんですよね。

私も、メイン口座の楽天銀行やサブの住信SBIネット銀行はデビットカードに切り替えを行っていこうと思いますが、メイン以外の銀行口座はデビットカードに切り替えるかは少し考えたいと思います。

まとめ

結局、保有する銀行口座を使う頻度により、キャッシュカードをファイルに整理して、管理しやすくしましたが、解約整理するまでには、至りませんでした。

まあ、マネーフォワードで一括管理はできているので、解約整理については、時間をかけて、検討したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です