【ポイント】余ったANAの1,000マイルの使い方は、失効させるのが一番だと思った理由を記載します。

ポンです。

ANAのマイルが約1,000マイル残っていますが、使い道がなく、まもなく、失効されそうです。

この機会にANAのマイルについて、私にとって、必要なのかを考えてみました。

現在では、楽天ポイント、Tポイント、ポンタポイント、dポイントといった4大ポイントという言葉がよく聞かれます。

しかし、この4大ポイントより前は、ポイントといえば、ANAとJALのマイルが主な2大陣営でした。

私も、ANAとJALのマイルを貯めようと考えていた時期がありましたが、最近では、このANAとJALのマイルを貯めたいという動機もなくなってしまいました。

今回は、ちょっとその理由を記載してみたいと思います。

ANAとJALのマイルが使いずらい3つの理由

①ANAとJALのマイルの目標は航空券

ANAとJALのマイルを使用して、航空券をゲットするには、10,000マイルが1つの目標になります。

しかし、私のように、ANAとJALの飛行機を利用する機会が少ない方には、とてつもなく、高い目標になります。

ANAとJALのマイルを貯まる方は、多くの方が、航空券を目標にしていると思います。

そのため、まずは、自分自身が、航空券を必要としているかを自問自答して、考えてみましょう。

不要であれば、マイルを貯める必要はないでしょう。

②ANAとJALのマイルは一方通行

他のポイントからANAとJALのマイルに変更することは比較的簡単にできますが、ANAとJALのマイルからTポイントや楽天ポイントに交換するには、やはり、10,000マイル必要になります。

マイルを貯めることを途中で断念したとしても、他のポイントに交換することがやはり、難しいのです。

中途半場にマイルを貯めると、使わずに終わってしまいます。

③ANAとJALのマイルには有効期限がある。

ANAとJALのマイルにももちろん、有効期限があります。

有効期限は、使用した月からカウントされます。

そのため、使用した月から2年や3年が経過すると、ポイントは失効します。

Tポイントや楽天ポイントのように、最終使用日から1年間というものではないため、ポイントの有効期限が伸びることもありません。

なので、2年間という短期間で、10,000マイルを貯める短期決算になってしまいます。

ANAの1,000マイルの変更先を調べてみた。

ANAの1,000マイルの交換先は、ANAのHPに丁寧に記載されています。

主なものは、

  • マイルからANAスカイコインへの交換 ⇒ やはり、有効期限がある。
  • ANAショッピングポイントへこ交換 ⇒ 送料が648円かかるため、1,000ポイント以下だと選択肢が少ない。
  • メガネ通販Zoffオンラインストアの1,000円分のクーポン ⇒ 最低購入金額が3,000円である。
  • アシックスオンラインストアの1,000円分のクーポン ⇒ 最低購入金額が5,000円である。

と、どうしても、追加の支払いが生じてしまうケースが多いんですね。

追加の支払いが大きいようでしたら、節約の道に反するため、マイルは失効したほうが、節約の道に反しないと思います。

中途半端に貯まったANAマイルは、

  1. 失効させる
  2. 送料が648円かかっても購入できるものがあれば、ANAショッピングストアで利用
  3. 飛行機に乗る予定があれば、ANAスカイコインへ交換

が、私にとって、最善の選択肢になりそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です