【株主優待】ヤマダ電機(9831)から優待割引券3,500円分が到着。写真付きで紹介します。

ポンです。

暑い夏に欲しい家電って多くないでしょうか。

扇風機やエアコンもほしいですよね。

家電をお得に購入できるヤマダ電機の株主優待を紹介します。

ヤマダ電機(9831)から貰ってうれしい優待割引券3,500円分が届きました。

のでヤマダ電機(9831)の株主優待の内容を紹介します。

ヤマダ電機(9831)は言わずとしれた家電量販店のNO1の企業です。

最近は太陽光発電を含めたリフォーム事業にも力を入れていますね。

ヤマダ電機(9831)の株主優待の貰う方法

ヤマダ電機(9831)の株主優待は保有株数で優待割引券の金額が変わります。

3月末の株主は保有株に応じて

  • 100株以上   1,000円相当の優待割引券
  • 500株以上   2,000円相当の優待割引券
  • 1,000株以上  5,000円相当の優待割引券
  • 10,000株以上 25,000円相当の優待割引券

の優待割引券がもらえます。

1年以上保有の株主は

  • 100株以上   1,000円相当の優待割引券 + 1,500円相当の優待割引券
  • 500株以上   2,000円相当の優待割引券 + 1,500円相当の優待割引券
  • 1,000株以上  5,000円相当の優待割引券 + 1,500円相当の優待割引券
  • 10,000株以上 25,000円相当の優待割引券 + 1,500円相当の優待割引券

と2,000円相当の優待割引券が追加されます。

さらに2年以上保有の株主は

  • 100株以上   1,000円相当の優待割引券 + 2,000円相当の優待割引券
  • 500株以上   2,000円相当の優待割引券 + 2,000円相当の優待割引券
  • 1,000株以上  5,000円相当の優待割引券 + 2,000円相当の優待割引券
  • 10,000株以上 25,000円相当の優待割引券 + 2,000円相当の優待割引券

と2,000円相当の優待割引券が追加されます。

また、9月末の株主は保有株に応じて

  • 100株以上   2,000円相当の優待割引券
  • 500株以上   3,000円相当の優待割引券
  • 1,000株以上  5,000円相当の優待割引券
  • 10,000株以上 25,000円相当の優待割引券

の優待割引券がもらえます。

1年以上保有の株主は

  • 100株以上   2,000円相当の優待割引券 + 500円相当の優待割引券
  • 500株以上   3,000円相当の優待割引券 + 500円相当の優待割引券
  • 1,000株以上  5,000円相当の優待割引券 + 500円相当の優待割引券
  • 10,000株以上 25,000円相当の優待割引券 + 500円相当の優待割引券

と500円相当の優待割引券が追加されます。

最低単元の100株保有が一番、ダントツで優待利回りがいいですね。

優待割引券は1,000円以上の買い物で、500円の優待割引券を使えます。

ので、実質的に半額の割引券ですね。

購入金額も10万円以下で購入できるので、ハードルは大変低いです。

ヤマダ電機(9831)の株主優待を写真付きで見てみましょう。

↓ ヤマダ電機(9831)の株主優待は毎年、このカラフルな袋に入って届きます。

↓ 開いて開けてみると、出てきました。優待割引券です。

9月末の株主で500株保有なので、3,000円分の優待割引券+1年超の長期優遇の適用500円の3,500円分です。

有効期限は平成29年6月末までですので、届いてから約6か月間使うことができます。

ヤマダ電機(9831)は家電はもちろん、日用品も扱っています。

近所にヤマダ電機(9831)がある方には大変お薦めです。

ヤマダ電機(9831)の3月末の株主優待の有効期限は12月末まで、9月末の株主優待の有効期限は6月末までと、期限が明確に異なるため、合算して、使うことができないのが残念ですね。

合算できれば、大きな買い物もできるのですが。

↓ 家族名義も届いていましたので、今回は、2,000円分ですね。

ヤマダ電機(9831)の株主優待が節約に役立つ3つの理由

50%という高い割引率

家電量販店の多くは株主優待券を実施しています。

しかし、割引率は様々です。

例えば、

ノジマ(7419)は10%の割引券。

ベスト電器(8175)は5000円ごとに使える500円の割引券(10%の割引券)

です。

これに対して、ヤマダ電機(9831)は1000円ごとに使える500円の割引券(50%の割引券)

とダントツに割引率が高いです。

高い株主優待利回り

ヤマダ電機(9831)は100株保有すると

3月の株主に1,000円の買物優待券が、

9月の株主に2,000円の買物優待券の計3,000円を頂くことができます。

しかも、2年以上保有することで、

3月の株主に3,000円の買物優待券が、

9月の株主に2,500円の買物優待券の計5,500円を頂くことができます。

そのため、優待利回りだけで約10%になります。

ほとんど、利息がつかない定期預金に預けるよりも、ヤマダ電機(9831)に投資したほう大きな利回りを得ることができます。

家電品以外にも使うことができる。

ヤマダ電機(9831)といえば、家電量販店のイメージが強いのですが、実際にお店に立ち寄ってみると、本や、飲み物や、シャンプーなどの生活用品が置かれています。

特に日用品も充実しているため、シャンプーなどを購入することにより、日常生活の節約に大きく貢献してくれます。

ヤマダ電機(9831)の業績

ヤマダ電機(9831)の営業利益の推移は

  • 2014年3月   営業利益 342億円
  • 2015年3月   営業利益 199億円
  • 2016年3月   営業利益 581億円
  • 2017年3月予想 営業利益 714億円予想

と一度2015年度3月に落ちています。

さんざん、メディアでも叩かれましたが、着実にV字回復しています。

配当利回も約3.0%と配当も高いです。

優待利回りも約10%です。(100株保有の2年超保有)

そのため、総合利回りはなんと、驚異の約13%です。

しかも、10万円以下で購入することができる貴重な銘柄です。

ヤマダ電機(9831)の株価はじわじわと上がってきており、以前は5万円台で購入できたものが、6万円台まで上がってきております。

私も、大きく、業績が傾かない限りは、継続保有を考えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です