【モバイル】フリーテルの雷神の発売日が2017年1月27日と発表されていたので、チェックしてみた。

ポンです。

最近は、SIMフリーのスマフォも大変進化しており、どれが自分にあうのがいろいろ迷っております。

しかし、前回、注目したSIMフリーの端末の中でも、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)の機能は素晴らしいと思い、フリーテルの雷神という機種に注目していました。

前回、調べた時には、発売日は発表されていませんでしたが、現在、すでに発売日が発表されていました。

そのため、備忘録としても、フリーテルの雷神の機能について、振り返っておきたいと思います。

まずは、簡単に、

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とはどんなものか

かを振り返りたいと思います。

今までのSIMフリースマフォは1つのスマフォに1つのSIMしかいれることができなかったんですね。

しかし、DSDSのSIMフリーモデルは、SIMを2ついれることができます。

そのため、1つ目のSIMには通話用のSIMをいれて、もう1つのSIMには、通信用のSIMをいれるということが可能になります。

これのメリットは、

1つ目の電話用のSIMには大手キャリアのSIMをいれて、

2つ目の通信用のSIMには、MVNOの格安SIMをいれての

運用が可能ということです。

MVNOの格安SIMが出回っていますが、なんだかんだ言って、電話は、大手キャリアのほうが使いやすいんですね。

詳細は、こちらの記事を参照ください。

【モバイル】デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)のスマフォで節約を考える。

上記の方法により、毎月の通信料はお安くすることが可能です。

しかし、どうしても、初期費用とし、DSDSのSIMフリー端末を購入する費用がかかります。

しかも、DSDSの格安SIMフリー端末はまだまだ、種類が少ないんですね。

そんななか、

フリーテルから29,800円でDSDS対応の雷神が2017年1月27日から発売

予定です。

予約は、2016年12月26日から始まる予定です。

大きな特徴は、下記の3つです。

  1. DSDS対応
  2. 3万円以内で購入可能
  3. 5,000mAhという大容量

DSDS対応

これがいうまでもなく、最大の特徴ですね。

3万円以内で購入可能

最近は、SIMフリー端末とはいえ、4万円~10万円台もする、コースペック、コープライスの機種も出てきております。

しかし、必要な機能がそろっていれば、安いにこしたことは、ありません。

雷神のスペックはどれも標準以上なものであり、これで、3万円であれば、十分買いであると言えます。

また、ヤマダ電機やビックカメラの量販店でも発売されれば、株主優待を使って、さらに、安く、購入することもできそうです。

5,000mAhという大容量

スマフォのバッテリーは近年、大容量化が進んでいますが、それでも、2年も使えば、1日で電池が切れてしまうものです。

一般的な、スマフォの電池容量が3,000mAh台のなか、雷神の電池容量は、5,000mAhと約1.5倍あります。

これでしたら、2年以上使っても、電池が長持ちすることが期待できます。

フリーテルの雷神のまとめ

個人的には、フリーテルから2017年1月27日に発売される雷神はかなり、注目しています。

私も、ガラケーを使っているため、ガラケーのSIMを雷神に入れて、使うことができれば、1台持ちに減らすことができます。

発売されてからのユーザーの声を聞きながら、ゆっくりと購入を検討したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です