【デビットカード】有効期限のないデビットカードでスマートな決済を考えてみた。

ポンです。

私は、将来は、小銭がなくなると考えています。

というわけで、クレジットカードやデビットカードでの決済をするようにしているのですが、なかなか、すべてをクレジットカードやデビットカードに置き換えることができていませんね。

また、クレジットカードよりも、デビットカードでの決済を広げたいと思っていますが、クレジットカードのポイントの高さに押されて、デビットカードの頻度をあげることができていません。

しかし、最近、ちょっとデビットカードのメリットを発見したので、取り上げてみたいと思います。

fireshot-capture-74-smbc%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e7%89%b9%e8%a8%ad%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88-http___www-smbc-co-jp_kojin_debit_

デビットカードのメリット

有効期間がない。

公共料金をクレジットカードで支払っている方はとても多いと思います。

もちろん、私もそうです。

しかし、5年に1回ほど、クレジットカードの更新時期が来ると、登録しているクレジットカードを登録しなおさないといけないんですよね。

しかし、デビットカードであれば、更新時期がないため、この登録のし直しがなくなるんですね。

ATM手数料を支払う必要がない。

現金はATMで引き出しを行います。

多くの方は、ATMの引き出し無料回数内で現金の引き出しをしていると思いますが、無料回数をこえた場合に、デビットカードで支払うという選択肢があります。

例えば、1,000円をATMから引き出すのに、108円の引き出し手数料がかかるのであれば、1,000円を引き出すことなく、デビットカードで支払いを行うという選択肢が広がります。

もちろん、クレジットカードで支払うという方法もありますが、やはり、支払いのタイミングが1か月以上あとになるよりは、即引き落としのデビットカードのほうが、家計簿管理に便利です。

まとめ

というわけで、今回は、デビットカードのメリットを紹介しました。

しかし、何度も記載しますが、デビットカードの還元率が1%にならないですかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です