【思ったこと】マイナンバーカードを取得したんで、忘れないうちに感想を記載します。

ポンです。

マイナンバーカードをお持ちの方はいらっしゃいますか。

私もついにマイナンバーカードを取得しましたので、ちょっくら、感想を記載してみます。

マイナンバーカードを取得するまでの流れ

マイナンバーカードの「通知カード」が自宅に届いたのは、約1年前になります。

その後、電子申告に「マイナンバーカード」が必要になるため、「個人番号カード」の申請を行いました。

しかし、「個人番号カード」の交付通知書が自宅に届いた頃には、確定申告の時期の2月15日~3月15日をとっくに過ぎておりました。

そのため、緊急で必要のないものだったため、市役所に行くのをずっと怠っていました。

発行して、失くしてしまうのもいやですからね。

ところが、市役所から「個人番号カード」の交付通知書を送ってから6か月たつと、発行できない旨の連絡があったため、重い腰を持ち上げて、市役所に足を運ぶことにしました。

そんなこんなで、今回、市役所でマイナンバーカードを発行した作業内容を記載します。

マイナンバーカード発行時に持参するもの

市役所に行く前に下記のものを持参したか必ず確認しましょう。

  1. 交付通知書のハガキ
  2. 通知カード
  3. 本人確認書類(免許証など)
  4. 住民基本台帳

住民基本台帳を発行している方は、マイナンバーカード発行後には、住民基本台帳は破棄されるため、必ず、持参してください。

お役所なので、どれか1つでもないと作業が進みません。

忘れ物をするとタイムロスになるので、しっかりご準備を。

市役所でのマイナンバーカード発行の流れ

市役所に着くと、まずは、マイナンバーカードの発行の窓口がどこかを聞きました。

めったに市役所に行く用事もないため、どの窓口でどんな対応をしているかがわからないときには、聞いてしまうのが一番早いですね。

窓口を教えてもらったのちには、発行番号を発券機から出して、番号が呼ばれるまで、しばらく待ちます。

番号が呼ばれたら、係員の指示に従って、

マイナンバーカード受取申請書に

  • 名前
  • 連絡先
  • 住所

を記載します。

それとともに、個人番号カードの下記の4つの暗証番号を設定します。

  1. 住民基本台帳用 の暗証番号4ケタ
  2. 券面事項入力補助用 の暗証番号4ケタ
  3. 利用者照明用電子証明書 の暗証番号4ケタ
  4. 署名用電子証明書 の暗証番号6ケタ~16桁

こんなに暗証番号を作ると忘れてしまいそうですね。

1~3の暗証番号は同じでもよいようです。

ここで注意したいのは、1~3の暗証番号は連続して3回、4の暗証番号は連続して5回間違えると、ロックがかかります。

暗証番号を記載した控えは、失くさないように、他人に見られないように大切に保管しましょう。

また、電子証明書の有効期限は5年後ということで、5年後に再び、設定しなければ、ならないとのことです。

5年後に再び、設定のために市役所に行かなければ、ならないのですね。

これで、めでたく、「個人番号カード」を入手することができました。

マイナンバーカードのまとめ

本人確認書類としては、免許証を使うため、「個人番号カード」はしばらく、自宅に眠ったままになりそうです。

しかし、「個人番号」の申告は、証券会社でも始まっています。

将来的には個人番号の申請範囲はさらに広がると思います。

悪用されないように慎重に使いたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です