【株主優待券】飲食のお食事券の株主優待券を選ぶときのこつを考えた。

こんばんは。ポンです。

株主優待券でお食事券を狙っているという方も多いのではないでしょうか。

私もお食事券として使える株主優待券をもっていますが、選ぶときの判断材料と実際に使う際の注意事項と書いてみたいと思います。

1-https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HOTE86_makuragyu15234016-thumb-1000xauto-14693

株主優待券を選ぶときに注意すること

お店に近くにあること

やはり、これが一番大切ですよね。せっかくいただきました株主優待券も近所にお店がないと使うことができません。

会社によっては、全国展開している会社もありますが、関東地方にしかない会社や九州地方にしかないお店などもあります。

近所にお店があるほうが便利です。

ヤフーオークションの相場を知っておきましょう。

そうはいってもせっかくの株主優待券も使い切れないこともあり得ます。

その場合は、使わないでいた場合には、ただの紙切れになってしまいます。

が、ヤフーオークションで売却することができれば、換金することができます。

満額で売れることはもちろんありませんが、人気のあるお店では、9割で売れることもあります。

逆に人気のない店ですと5割から6割程度でしか売れません。

もちろん、逆に買うに立ってみれば、ヤフオクで半額程度でお食事券を買えることもあるので、お食事に行くときの節約技として活用しましょう。

単位が小さいほうが使いやすいです。

例えば、コロワイドやアトムではポイント制であるため、1円単位で使い切ることができます。

また、株主優待券でも日高のように500円単位もあれば、SFPダイニングのように1,000円単位もあれば、misawaのように5,000円単位のところもあります。

当然、細かい単位の株主優待券のほうが使いやすいです。

1,000円単位の株主優待券が多い気がしますがね。

株主優待券の使い方

ランチで使用するのがコストパフォーマンスが高い。

やはり、お食事はランチメニューが一番コスパが高いですよね。

夜メニューはアルコールを飲んだり、食事も単価が高くなってしまうので、株主優待をつかった節約にはむいていないです。

株主優待を使う目的はあくまでも支出の節約であることを忘れないようにしましょう。

差額の支払方法

株主優待券はお釣りが出ません。

また、差額がでるときは、当然、現金で支払うことになりますが、

差額は、クレジットカードで払うとポイントが貯まります。

また、事前に金券ショップでジェフグルメカードを買って、支払に使えば、お釣りが出ます。

結論

といろいろ書いてきましたが、株主優待券でお食事をことは私にとってのご褒美であり、これからも節約のストレス発散に活用していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です