【モバイル】クレジットカード管理アプリのクレコ(CRECO)を導入してみました。

ポンです。

今週の日経トレンディの特集の1つで「ポイント&カード」を実施していました。

掲載されていたポイントやクレジットカードは大体把握はしているのですが、私がまったく知らないアプリが1つ取り上げられていたため、今回紹介してみます。

そのアプリの名前は

クレコ(CRECO)というクレジットカードの管理アプリ

です。

私もクレジットカードは「マネーフォワード」や「マネーツリー」といった家計簿アプリを使っていおり、新たにアプリを導入する必要はないと思いました。

が、導入を決めたのは、登録したクレジットカードについて、クレジットカードのポイントとは別に、クレコ(CRECO)独自のポイントが付くためなんですね。

還元率は、とても低く、0.1%ですが、1回登録してしまえば、クレジットカードの支払いが行われるたびに自動でクレコ(CRECO)ポイントが貯まるため、手間がないですね。

クレコ(CRECO)の公式サイトはこちらです。

カードの利用明細をまとめる!CRECO

カードの利用明細をまとめる!CRECO
無料
posted with アプリーチ

クレコ(CRECO)ポイントの有効期限

クレコ(CRECO)ポイントの有効期限は1年間です。

クレコ(CRECO)ポイントから交換できるポイント

クレコ(CRECO)ポイントから交換できるポイントは現在以下の6種類です。

  1. PeXポイントギフト
  2. Amazonギフト券
  3. EdyギフトID
  4. nanacoギフト
  5. NET CASH
  6. Vプリカ

AmazonギフトやEdyと変更できるのはうれしいですね。

クレコ(CRECO)ポイントから交換できる最低ポイント数

クレコ(CRECO)ポイントから他のポイントに交換できる最低ポイント数は500クレコ(CRECO)ポイントとなります。

500クレコ(CRECO)ポイント貯めるには、年間で50万円をクレジットカードで使う必要があります。

月額では、約4万2千円使う人であれば、500円が還元されることになります。

もちろん、通常のクレジットカードで還元率1%であれば、このクレコ(CRECO)を使うことで、還元率が1.1%に引き上げられることになります。

新たにクレジットカードを登録すると、30クレコ(CRECO)ポイント貯まります。

私は、クレジットカードの年間支払額が50万円を超えることはなく、年間で500クレコ(CRECO)ポイントを貯めることは難しそうです。

しかし、初年度は、クレコ(CRECO)にクレジットカードを登録することで、30ポイント貯まるため、10枚ほど、クレジットカードを登録するして、300クレコ(CRECO)ポイント暗いを貯めて、残りの200クレコ(CRECO)ポイントはクレジットカードの支払額で貯めていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です