【株主投資】2016年9月の株式評価について思うことを記載します。

ポンです。

早くも9月が終わってしまいました。

いよいよ、今年も残り3か月となってしまいました。

恒例の月末の株価評価をみてみたいと思います。

2016年9月末の株主優待株式等の投資成績

a1180_001395

  • 2016年の9月の含み損益率 76% (8月:72%)
  • 保有銘柄68銘柄(8月末69銘柄)

株式の含み益は9月末は+76%でした。 前回8月は+72%のため、前月比で+4%でした。

算定式:(2016年9月30日現在の株価-取得価額)/取得価額

9月の含み損益は8月末に比べて、回復しました。

率直な感想としては、ようやく、持ち株も徐々に持ち直してきたなあと思いました。

このまま株価も回復してもらいたいものです。

2016年9月の追加取得

2016年9月に新たに購入した銘柄はありませんでした。

残念ながら、私のほしい銘柄が私の設定した指値にひっかかることはありませんでした。

また、購入した株が最近は含み損に転落するケースが多く、新たに購入をするのを控えてしまいがちになります。

買い時も難しいですね。

2016年9月の売却株式

2016年9月に売却した株式はマネースクウェアHD(8728)のみでした。

売却したくて売却したというよりも、TOBがかかったため、売却しか選択肢がなかったというのが本音ですね。

かつては、10倍株となったマネースクウェアHD(8728)も売却時期を逃してしまい、残念ながら、6倍程度での売却となってしまいました。

株式の売却時期って、本当に難しいですね。

株価が2倍になって、売却したら、売却が早すぎたり、売らないままでいたら、株価が下がったままで、二度と上がることがなかったりと、うまくいかないことが多いですね。

2016年9月末の保有株式含み損トップ3

保有株式のなかで、

  • ウチヤマホールディングス(6059)
  • クックパッド(2193)
  • 進学会(9760)

が、8月に引き続き、9月も変わらず、含み損のトップ3となりました。

ウチヤマホールディングス(6059)の大きな含み損に変更はありません。

ウチヤマホールディングス(6059)はカラオケ事業と介護事業とも厳しいそうなので、含み損のまま、継続保有となりそうです。

クックパッド(2193)もウチヤマホールディングス(6059)に迫るほどの含み損になっています。

経営者が変わらない限り、大きな業績の向上は期待できないでしょう。

株主優待目的で購入したため、気長に株主として、プレミアム会員生活をエンジョイしたいと思います。

進学会(9760)も回復の兆しが見つかりませんね。

2016年9月保有の株式で思ったこと

9月については、購入も売却もほとんどしていません。

唯一の売却もマネースクウェアHD(8728)だけですが、これもTOBのために、仕方なくといった感じです。

現在の株式相場は個別株式の業績が好調でも、市場自体が膠着しており、なかなか、株価が上がらない展開になっています。

そんな中、どうしても、株式の購入を控えようとなってしまいます。

優待族としては、優待株を広げたいのですが、優待利回りと配当利回りをたしても、投資をしたいと思う株が少ないんですよね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です