【家計簿】ICカードリーダーbyマネーフォワードでマネーフォワードとスイカ(Suica)を連携するととても便利です。

ポンです。

家計簿ってつけていますか。私は、毎日つけています。

使っているのは、マネーフォワードとマネーツリーですが、現在は使いやすさで一歩、マネーフォワードをメインに使用しています。

この便利なマネーフォワードですが、現金、預金、証券口座、FX、ポイントとほぼ、不自由なく使っていたのですが、一つ使いにくいものがありました。

それがスイカ(Suica)なんですよね。

スイカ(Suica)の支出は把握するのが大変だったんですよね。

しかし、ICカードリーダーbyマネーフォワードというグーグルアプリを使うことで、マネーフォワードに取り組むことができました。

今回は備忘録として、ICカードリーダーbyマネーフォワードについて、簡単に紹介します。

ICカードリーダーbyマネーフォワードとは

マネーフォワードでスイカ(Suica)のデータを読み取るには、以下の2つが必要となります。

  • ICカードリーダーbyマネーフォワードのインストール
  • スマフォにおさいふケータイ搭載orNFC搭載

ICカードリーダーbyマネーフォワードは現在、アンドロイドしか対応していないようです。

ICカードリーダー by マネーフォワード

ICカードリーダー by マネーフォワード
無料
posted with アプリーチ

の3つの入力方法が表示されます。

ここで、ICカードリーダーを選択して、スマフォとスイカ(Suica)を接触させれば、スイカ(Suica)の残高と履歴を読み取ってくれます。

その後に、読み取ったデータをマネーフォワードへ送信すると、マネーフォワードに反映されます。

ほんとに便利ですね。

ICカードリーダーbyマネーフォワードの対応しているicカード

Suica / りんかいSuica / モノレールSuica / PASMO / ICOCA / ICOCA(SHIKOKU) / ICOCA(KEIHAN) / TOICA / nimoca / でんでんnimoca / SUGOCA / mono SUGOCA / manaca / PiTaPa / Kitaca / はやかけん / SAPICA / icsca / PASPY / IruCa / NORUCA / CI-CA / NicoPa / 嵐電 / hanica / くまもんのICカード

と豊富にあります。

交通系のICカードが多いですね。

現在は、私は、スイカ(Suica)のみですね。

それでも、とても便利です。

まとめ

マネーフォワードは今でも使いやすいのですが、今でも、使いやすさへの追及が止まりません。

さらに便利になってほしいと思います。

できれば、証券会社の配当金の把握ができるようになってほしいですね。

同じ意見の方はいらっしゃいませんか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です