【株式投資】日経IRフェア2016に行ってきた感想ともらったお土産を紹介します。

ポンです。

年に一度の祭典、日経IRフェアにいってきましたので、感想を記載します。

2016-08-26 10.10.15

日経IRフェアとは

日経IRフェアとは、日経が主催となり、企業と投資家の交流の場を設けようというイベントですね。

毎年8月最後の金曜日と土曜日に開催されています。

場所は東京ビックサイトです。

日差しがとても強い日でした。

2016-08-26 10.09.20

建物は、いつもの建物でしたが、今年は、いつもの会場ではありませんでした。

いつもの会場とは入口が反対にある別のでかい会場でしたね。

会場内の構造はほぼ同じでしたが。

さて、会場内に入りますと、思った以上に人がおりました。

今年は、どの企業から回ろうかなとあまり考えていなかったんですよね。

今年の企業の一覧を見て、まずは、今まで出店していなそうな企業と気になる企業のブースに行った後は、雰囲気で回ってみようかというところでした。

2016-08-26 10.29.57

というわけで、一通り回ってみた感想を簡単に書いていきます。

SFPダイニング(3198)とクリエイト・レストラン(3387)

クリエイト·レストラン(3387)は過去に日経IRフェアに出ていましたが、SFPダイニング(3198)は初めての出店ではないでしょうか。

特にSFPダイニング(3198)は今後、東証1部への鞍替えの期待もあり、主力候補の銘柄でもあるため、聞きに行きました。

SFPダイニング(3198)の主力は磯丸水産ですね。

現在、約200店舗ですが、将来的には300店舗まで店舗数を増やしたいと言っていました。

店舗数を増やしてもお客さんが入ってくるため、お店は好調のようですね。

飲食業界は、営業利益率がとても低いことが有名ですが、SFPダイニング(3198)は営業う利益率が約10%あるそうです。

この高い営業利益率を維持しながら、店舗数を増やしていってもらいたいですね。

私は、最近になって、親会社のクリエイト·レストラン(3387)も最少単元ですが、購入したため、大変興味があります。

クリエイト·レストラン(3387)はここまで、伸びる会社だとは、思わなかったため、後悔します。

親子会社そろって、業績好調だと嬉しいですね。

2016-08-26 10.36.49

綿半ホールディングス(3199)

この会社は社名はよく知っていたのですが、何を行っている会社なのかよくわからず、調べないままでいたため、この日経IRフェアで事業内容を知ることができた会社です。

地元は長野県で、綿半ホールディングス(3199)の主な事業はスーパーマーケットや建設事業です。

ブースに飾ってあった株主優待が魅力的で思わず買いたくなってしまうのですが、株価が上がっており、少し手の届かない範囲となってしまっています。

2016-08-26 11.44.26

アトムリビンテック株式会社(3426)

こちらの企業も日経IRフェア初出店です。

企業名も知りませんでした。

アトムリビンテック株式会社(3426)は住宅用の金具等の販売などを行っています。

東証ジャスダックに上場のため、売上高は100億円前後と上場企業の中では、まだまだ小さいですね。

こちらの企業も知名度向上のために、日経IRフェアに出展しているとのことでした。

高砂熱学工業(1969)

こちらの企業は空調業界の大手企業ですね。

過去の日経IRフェアにはでておらず、今回が初出店だと思います。

時間を区切ってのブース内説明会は開催せず、個人担当者が質問に答えるといった内容でした。

初出店のブースに多いケースですね。

高砂熱学工業(1969)はBtoBの企業であり、聞きなれない方も多いと思いますが、個人投資家の知名度を上げたいということで、今回の参戦を決めたそうです。

空調業界は大手企業のビルや工場が建てば需要が生まれます。

大手企業が海外に進出すれば、空調業界も海外進出する割合が増えるようです。

2020年の東京オリンピックまでは、空調業界の需要は高いようですが、問題は、そのあとですね。

2020年までは積極的に買いに行ってもいいかもしれませんね。

テイ・エス テック(7313)

こちらの企業も日経IRフェアに初参戦となります。

参戦理由は、同じく、個人投資家間での知名度の向上ですね。

テイ・エス テック(7313)は社名も聞いたことのない会社でした。

事業内容は車のシートを主に生産しています。

ブースにシートの展示もしていました。

主な取引先は、ホンダです。

そのため、どうしても、ホンダの動向に売上高が左右される恐れがありますね。

ホンダが安泰のうちは、それほど、影響を受けないかもしれませんが、ホンダが倒れると危ないというリスクはありますね。

また、シート業界内での、シェアの争いも厳しそうです。

日本電信電話(9432)

日本電信電話(9432)はNTTのことですね。

日本電信電話(9432)は有名な会社すぎて、あまり興味がなかったのですが、今まで、説明会を受けたこともなかったため、改めて、行ってみようという気で行ってみました。

日本電信電話(9432)というと、元国営で、保守的で、殿様商売であまりいいイメージはなかったのですが、IR担当者はそんな感じは出さず、意外に挑戦している会社というイメージになりました。

日本電信電話(9432)は私の好きなストック事業を展開しており、最近の配当の伸び率も4~5倍と尋常ではありません。

近い将来、給料が伸びず、配当の所得が収入の重要な一部になることは 間違いありません。

そのような社会になった場合に、日本電信電話(9432)のような安定した配当利回りの高い企業は組み込みたいと思いますね。

日本電信電話(9432)の応援担当キャラクターの日ノ本信乃(ひものとしの)です。

応援したくなっちゃいますね。

2016-08-26 10.40.54

京成電鉄(9009)

私鉄の会社はいろいろありますが、京成電鉄は、成田空港へのアクセスで強みを発揮している会社ですね。

成田空港への京成スカイライナーやバス路線も充実させていますね。

私鉄の株式というと購入単価が高くなる傾向があるのですが、なんと京成電鉄は株式単位を現在の5分の1にすることで、個人株主を増やす意向のようです。

上記の施策は10月1日とのことですので、楽しみですね。

購入しやすくなりました。

今までは1000株からしか購入できなかったのですが、100株からの購入ができるのです。

約20~30万円で購入できます。

これでしたら、手が届きそうですね。

株主優待の拡充もあるかもしれませんね。

コンドーテック(7438)

建設資材の販売をメインにしています。

毎年、日経IRフェアに出展されているので、企業名も覚えてしまいましたね。

ゲリラ豪雨が頻繁に発生したり、震災が発生すると、需要が増えそうです。

コンドーテックの応援担当キャラクター 久場鉄華(くばてっか)です。

2016-08-26 15.54.34

そのほかの会場内で見つけた応援担当キャラクター

QUICK社の九十九蘭(つくもらん)

2016-08-26 17.01.00

日本取引所グループ応援担当キャラクター「上場証(じょうばしょう)」

2016-08-26 17.03.21

QUICK社もいろいろな方法を考えるものですね。

今回のまわりかた

今回の日経IRフェアはブース内の説明会をきくことが多かったですね。

過去行った時には、けっこう、個別のIR担当者に直接お話をききに行っていたのですがね。

昔は、全部のブースを回りたいと欲を張っていたのですが、最近は、興味のあるブースをまわるといった回り方にかわってきました。

特に、初めて、日経IRフェアに出店している企業の話を聞いて、そのあとに、興味のある会社へ回るといったところでしょうか。

日経IRフェア2016のお土産の紹介

日本電信電話(9432)さんから文具セットをいただきました。ありがとうございます。

2016-08-27 14.12.58

↓ アトムリビンテック株式会社(3426)さんからいただきました。エマージェンシーボトル5点セット。緊急時に活用できそうです。

2016-08-27 14.13.29

↓ 綿半ホールディングス(3199)からいただきましたスポンジと綿半第一生命(8750)からいただきましたポケットうちわです。ありがとうございます。

2016-08-27 14.14.24

↓ テイ・エス テック(7313)さんからいただきましたティッシュペーパーと夢真ホールディングス(2362)さんから頂きました記念品のタオルです。ありがとうございます。

夢真ホールディングス(2362)は配当利回りも高く、購入を検討したいと思いました。

2016-08-27 14.14.56

↓ 京成電鉄(9009)さんからシールとコップ

SFPダイニング(3198)さんからお菓子

ムゲンエステート(3299)さんから横浜マリノスのキーホルダー

高砂熱学工業(1969)さんから名刺入れ

2016-08-27 14.15.18

その他いろいろいただきました。一部会社名がわからず、紹介することができず、申し訳ございません。

株式投資の参考にさせていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です