【株主優待】TOKAIホールディングス(3167)から節約に役立つクオカード500円分が届いたので、写真付きで紹介します。

ポンです。

TOKAIホールディングス(3167)から株主優待申込書で申し込んだクオカードが無事届きましたので、紹介いたします。

クオカードはコンビニで使うことができるため、数ある株主優待の中でも、特に人気が高いですね。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待であるクオカードが届くまでの流れをおさらいしてみます。

2016-07-31 11.27.09 株主優待 TOKAIホールディングス

TOKAIホールディングス(3167)とはどんな会社

TOKAIホールディングス(3167)は東海地方を中心に展開しています。

株主優待の内容に飲料水宅配サービスや500mlペットボトルなども含まれているため、水の宅配事業が中心と思われる方も多いと思います。

しかし、TOKAIホールディングス(3167)は

  • ガスや電力等のエネルギー
  • 総合リフォーム
  • 情報通信サービス
  • CATV
  • 住宅・セキュリティ・保険
  • ブライダル・介護等

などの幅広い事業を展開しています。

複数の事業を展開していると、リスクが分散されて、事業の継続性は安定しますね。

単一の事業に集中投資すると、シャープのように、一気に経営が傾いてしまう可能性もありますからね。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待の内容

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待は株式数に応じて、自社商品の金額が変わります。

下記の自社商品の中から1つを選択できます。

天然水宅配サービスを契約している方や、TCLポイントを利用している方は、金額的にお得感がありますが、利用していない方は、クオカードか天然水(500ml)が選択肢になりうるのでは、ないでしょうか。

天然水(500ml)

  • 100株  天然水(500ml) 12本
  • 1,000株 天然水(500ml) 24本
  • 5,000株 天然水(500ml) 48本

天然宅配サービス(12L)

  • 100株  天然宅配サービス(12L) 1本
  • 1,000株 天然宅配サービス(12L) 2本
  • 5,000株 天然宅配サービス(12L) 4本

クオカード

  • 100株  クオカード  500円分
  • 1,000株 クオカード 1,500円分
  • 5,000株 クオカード 2,500円分

ヴォーシエルお食事券

  • 100株  ヴォーシエルお食事券 1000円分
  • 1,000株 ヴォーシエルお食事券 3000円分
  • 5,000株 ヴォーシエルお食事券 5000円分

TCLポイント

  • 100株  TCLポイント 1000円ポイント
  • 1,000株 TCLポイント 2000円ポイント
  • 5,000株 TCLポイント 4000円ポイント

年2回、3月末日と9月末日株主が株主優待をもらえるため、半年ごとにクオカードと天然水(500ml)を選択するのもいいかもしれませんね。

特に天然水(500ml)は地震などの災害時の貯蓄用としても役立ちますね。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待申込書を写真付きで紹介。

それでは、TOKAIホールディングス(3167)の株主優待申込書等を実際に見てみましょう。

↓ とてもカラフルな写真に株主優待の内容が紹介されています。

2016-06-29 07.20.19 株主優待 TOKAIホールディングス

↓ スカイレストラン「ヴォーシエル」の20%割引券も入っていました。

2016-06-29 07.20.56 株主優待 TOKAIホールディングス

静岡県静岡市の葵区にある葵タワーの地上110メールのスカイレストラン「ヴォーシエル」で20%割引となります。

高級レストランですので、私は縁がなさそうです。

↓ TOKAIホールディングス(3167)の株主優待はこの株主優待申込書を送り返すことでもらうことができます。

2016-06-27 23.29.15 株主優待 TOKAIホールディングス

私は、クオカードを選択して、返送しました。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待のクオカードを写真付きで紹介します。

↓ そして、今回届いたTOKAIホールディングス(3167)の500円のクオカードがこちらです。

毎回、デザインが同じです。そのため、今年もらったものか、昨年もらったものかの区別が全くつきません。

2016-07-31 11.27.34 株主優待 TOKAIホールディングス

↓ 参考 前回もらったクオカードです。デザインが同じですね。

2016-02-06 15.24.58

クオカードはコンビニをはじめ、多くのお店で使えるので、大変便利ですね。

クオカードはすかいらーく系列のガストでも支払ができるため、すかいらーくの株主優待と合わせて使うと、サラリーマンのランチ代の節約に役立ちます。

また、コンビニで500円のお弁当を購入したら、1回分、ランチ代を節約することができますね。

TOKAIホールディングス(3167)はクオカードを年2回頂くことができるため、お得感があります。

TOKAIホールディングス(3167)の業績

TOKAIホールディングス(3167)の営業利益の推移は

  • 2014年3月   営業利益  73億円
  • 2015年3月   営業利益    90億円
  • 2016年3月   営業利益    82億円
  • 2017年3月予想 営業利益  126億円予想

とほぼ、順調です。

TOKAIホールディングス(3167)の株は、6万円~7万円前後で購入することができます。

配当が1,400円なので、配当利回りは約2.1%です。

配当が1,400円でクオカードを1,000円として換算すると総合利回りは約3.6%となります。

私は株主優待が続く限り、継続保有予定です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告336
レクタングル(大)広告336

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です